新着記事

テレビ朝日系では8月12日に、名取裕子が法医学者・二宮早紀を演じるドラマスペシャル「法医学教室の事件ファイル」の最新作を「日曜プライム」(日曜午後9:00)で放送する。本作は、無念のうちに亡くなった事件被害者の最期の声に耳を傾ける早紀(名取)と、その夫で横浜東署の刑事・一馬(宅麻伸)が、夫婦で複雑な事件の謎に挑むヒューマンサスペンス。1992、93年に連続ドラマとして2シリーズを放送。その後、94年から2017年まで「土曜ワイド劇場」枠を中心に“2時間ドラマ”として歴史を重ね、本作で第44弾となる人気シリーズだ。連ドラを合わせると通算68本、26年にわたって早紀を演じ続けてきた名取が、最新作の放送に際して、本シリーズの魅力を語った。

もっと見る

テレビ朝日系では、7月8日に「国民1万人がガチで投票!アイス総選挙2018」(午後7:58)を放送する。 日本人なら誰でも一度は食べたことがあるアイスの中から、国民1万人による国民投票を実施して、ナンバー1が決定する。国民が選ぶ“もっとも好きなアイス”とは、一体どのアイスなのか!? さらに今回、この総選挙の進行を世界中で絶大な人気を誇るX JAPANのボーカル・Toshlが担当することにも大注目だ。芸能界屈指のアイス好きで、スイーツ男子としても名高いToshlが、大好きなアイスのナンバー1決定戦の“プレゼンター”として、初めての進行役を務める。別室では、爆笑問題とウエンツ瑛士が、ゲストの名取裕子、東山紀之、伊集院光らと共にモニタリング。それぞれが思い入れのあるアイスについて語ったり、1位予想をしたりと、トークで盛り上げながら開票の行方を見守る。

もっと見る

【最終回】亜矢(麻生祐未)宅のポストに仕掛けられた爆弾で警官が殉職。防犯カメラには、百合子(名取裕子)の婚約者で3年前に亡くなった晋作(鶴見辰吾)の父・孝雄(伊東四朗)が写っていた。そんな中、ラーメン店で強盗事件が発生。犯人の初老の男(石橋蓮司)は亜矢に「死神」と名乗る。さらに、彼は百合子に「晋作の死の真相を2千万円で買わないか」と持ち掛ける。ところが、上司の黒田(渡辺いっけい)は亜矢と百合子を強盗事件の捜査から外す。

もっと見る

神奈川県警捜査一課に異動してきた警視庁の元警官・北条百合子(名取裕子)と、現場一筋の捜査一課刑事・三浦亜矢(麻生祐未)がコンビを組み、難事件を解決していく連続ドラマ「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京系)。名取さん演じる百合子のつかみどころのないキャラクターと、麻生さん扮する亜矢の大人のかっこよさが、普段の2人とは違った魅力が見られて新鮮だと話題になっています。また、「コミカルなドラマを予想していたが、意外なほどに本格サスペンス!」といった反響もあるようです。

もっと見る

虚無の中に生きる孤高のヒーロー、眠狂四郎。田村正和にとっての生涯の当たり役がついにFinalを迎える。転びバテレンのオランダ人宣教師と大目付の娘との間に生まれたという出生の秘密を抱えた眠狂四郎は、その腕と美貌を利用しようとする悪と対峙し、時として必殺の剣「円月殺法」で醜い世の矛盾と欲望を斬って捨てる。柴田錬三郎の剣豪小説から生まれたヒーローを’50年代から映画やドラマで多くの名優たちが演じてきたが、中でも長年にわたって多くのファンを魅了してきたのが田村正和である。

もっと見る

名取裕子さんと麻生祐未さん扮する、価値観も得意分野も真逆の刑事がコンビを組み、難事件を解決していく連続ドラマ「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京系)。警視庁のエリート警官でしたが、定年間近に突然神奈川県警捜査一課に異動してきた北条百合子(名取)と、現場で事件と戦ってきた捜査一課の刑事・三浦亜矢(麻生)が活躍するという、いわゆる“刑事モノ”の正統派サスペンスでありながら、金曜日の夜8時に家族で見られるような普遍的な魅力もあるドラマです。

もっと見る

テレビ東京系では1月19日から、金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女」(金曜午後8:00)がスタート。放送を前に、同ドラマの試写会と記者会見が同局にて行われ、出演する名取裕子、麻生祐未、高橋克典、伊東四朗が出席した。

もっと見る

テレビ東京系では、2018年1月から金曜8時のドラマ「カクホの女~神奈川県警・特命捜査~」(金曜午後8:00、開始日未定)を放送する。14年の放送で人気を博した「マルホの女~保険犯罪捜査員~」でタッグを組んだ名取裕子、麻生祐未が舞台を警察に移して帰ってくる。 警視庁でずっと内勤だった人事畑のエリート警官・北条百合子を名取が、現場でずっと事件と戦ってきたたたき上げの刑事・三浦亜矢を麻生が務める。価値観も得意分野も真逆の凸凹コンビが、真犯人をどのようにカクホ(確保)していくのか!?

もっと見る

テレビ東京系で、10月4日(午後9:00)に放送されるドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」は、昨年10月に放送され好評を博した社会派ドラマ「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の続編となる。今回のテーマは、「正義と正義のぶつかり合い」。日本が今抱えている、介護・高齢化問題を題材に、「正義とは?」「国益とは?」「希望とは何か?」を壮大なスケールで描く。原作は、日本が抱える問題に挑む気鋭の作家・真山仁氏の小説「標的」。主演は前作同様、玉木宏が東京地検特捜検事・冨永真一を演じる。そして、その冨永が受託収賄容疑で追い詰めるのは、日本初の女性総理候補・越村みやび(名取裕子)。さらに、冨永と共にみやびを追い詰める新聞記者・神林裕太(勝地涼)。それぞれが信じる三つどもえの「正義」が、ぶつかり合う。

もっと見る

10月4日にテレビ東京系で放送されるドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」(午後9:00)。玉木宏が主人公の検事・冨永真一を、名取裕子が日本初の女性総理大臣候補・越村みやびを演じる同作に、勝地涼が出演することが発表された。

もっと見る

テレビ東京系では、2017年内にドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」を放送することが決定した(日時未定)。同作は、テレビ東京本社移転プロジェクトとして昨年10月に放送され、人気を博した「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の続編となっている。

もっと見る

海堂尊の原作を基に、阿部寛×竹内結子のコンビで映画化された「チーム・バチスタの栄光」(08)と続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」(09)に対し、こちらは同TVシリーズの劇場版・最終章。シリーズ開始以来、6年間コンビを組んできた伊藤淳史ふんする医師・田口公平と仲村トオル演じる厚労省官僚・白鳥圭輔の凸凹コンビが、最後の難業に取りかかる。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP