新着記事

FINAL CUT

特集

【最終回】慶介(亀梨和也)は若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で逮捕されてしまう。混乱する雪子(栗山千明)だったが、そんな彼女の元に慶介のかつての偽名「吉澤優」から電話がかかってくる。一方、独自に祥太の行方を追っていた百々瀬(藤木直人)は、慶介逮捕の知らせを聞き、さらなる大スクープを画策する。そんな中、取り調べで黙秘を貫いていた慶介は、訪れた高田(佐々木蔵之介)に対し、突然、「犯人は、俺です」と驚きの告白を始める。

もっと見る

亀梨和也演じる中村慶介による、母を追い詰めた者たちへの復讐(ふくしゅう)劇、「FINAL CUT」(フジテレビ系)。いよいよ佳境に入ってきました。母を追い詰めた「ザ・プレミアワイド」のボスともいえる百々瀬塁(藤木直人)との直接対決、また、小河原雪子(栗山千明)との禁断の恋の行方なども、核心部分に向かいつつあります。第7話では、慶介と雪子がそれぞれ抱えている“思い”はあるものの、それ以上にお互いを“思う”気持ちが止まらずに感情がこみ上げてしまいます。その一方で、慶介が怪しいとにらんでいる小河原祥太から妹の若葉(橋本環奈)の元に連絡が…。

もっと見る

日本テレビ系で2月23日に放送される、金曜ロードSHOW!特別企画 読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」(午後9:00=読売テレビ制作)の完成試写会が都内のホテルで行われ、上映後のトークイベントにハーバード大学出身でマルチに活躍しているモーリー・ロバートソンと、読売テレビの汐口武史プロデューサーが登壇した。

もっと見る

宮部みゆきが「小説新潮」で9年にわたり連載した同名の原作を「前篇・事件」と「後篇・裁判」(2/12(月)同枠で放送)に分けて映画化し、公開。「前篇・事件」ではバブル時代末期のクリスマスの朝、東京都内の区立中学の屋上から1人の男子生徒が転落死したことから、事件の複雑な背景と関わった人々のプロフィルがつまびらかにされる。

もっと見る

「母のための復讐」と「許されざる恋」。二つの軸で進んでいる「FINAL CUT」(フジテレビ系)。皆さんご覧になっているでしょうか。SNSなど、誰もが何かしらのメディアに接しなければ生きづらくなっている現代だからこそ、そういったことをテーマにできるこのドラマ。主演を務めるのは、亀梨和也さん。静かに復讐に燃えたり、禁断の恋に陥ってしまったりと、二面性を持つ男性を切なく、そして熱く演じています。

もっと見る

亀梨和也主演のフジテレビ系連続ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)は、主人公・中村慶介(亀梨)が、母親・早川恭子(裕木奈江)を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者に“ある目的”のために制裁を加え、事件の真犯人を追う姿を描く復讐(ふくしゅう)劇。

もっと見る

1月9日火曜9時から、亀梨和也さん主演の「FINAL CUT」が放送されます。亀梨さんが演じるのは、母親を自殺へと追いやった犯人への復讐を企む男・中村慶介。深い闇を抱えた彼がとる方法は現代を象徴する“SNS”を活用した、社会的な抹殺をはらんだものです。

もっと見る

日本テレビ系では来春、読売テレビ開局60周年記念ドラマとして、数学者・岡潔とその妻・みちの夫婦愛を描く「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」を放送する(日時未定=読売テレビ制作)。主演は天海祐希、その夫役で佐々木蔵之介が共演する。

もっと見る

KAT-TUNの亀梨和也が、2018年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「FINAL CUT」(火曜午後9:00=関西テレビ制作、開始日未定)に主演することが分かった。同ドラマは、高校時代に、母親が女児殺害事件の犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の復讐(ふくしゅう)劇。亀梨にとっては、2006年の「サプリ」以来11年半ぶりとなる同系連ドラ主演作となる。また、藤木直人、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、水野美紀、佐々木蔵之介らが共演する。

もっと見る

TBS系で10月13日にスタートする連続ドラマ「コウノドリ」(金曜午後10:00)で、志田未来が2006年放送のドラマ「14才の母」(日本テレビ系)以来、約10年ぶりに妊婦役を演じることが分かった。第1話にゲスト出演し、ろうあ者の妊婦・早見マナ役を演じる。志田は「まだ実際には出産を経験していないのですが、周りの友人も実際に母親になったり、年齢的にも出産というものが身近になってきたので、だからこそ命の重みを考えるようになり、実感しながら演じました」と役柄への思いを明かしている。

もっと見る

【最終週】『月』秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)が考案したすずふり亭の新メニューの試食会が開かれる。一同は省吾(佐々木蔵之介)の判定を見守る。

もっと見る

放送も残すところ最終週のみとなり、どんな終わりを迎えるのか期待が膨らむ連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)。前週の第25週では、久坂早苗(シシド・カフカ)の“永遠の25歳”の真相が明らかになったり、永井愛子(和久井映見)と牧野省吾(佐々木蔵之介)の関係が進展したり、そして、とうとう谷田部みね子(有村架純)と前田秀俊(磯村勇斗)が恋人同士になったりと、最終回に向かって動き出したストーリー展開に、これまで以上に一喜一憂した方も多いのではないでしょうか。今回、朝ドラを手掛けるのが「ちゅらさん」(2001年)、「おひさま」(11年)以来3度目となる脚本の岡田惠和氏に、本作への思いなど、お話を伺いました。

もっと見る

TBS系で10月13日にスタートする連続ドラマ「コウノドリ」(金曜午後10:00)に、佐々木蔵之介が出演することが決まった。同作は、2015年に放送されて話題となった医療ドラマの続編で、主人公の産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)の新人時代の恩師・荻島勝秀役を演じる佐々木は、「こうしてドラマのシリーズが続くのは、『コウノドリ』が愛され求められているからだと思います。出演させていただいて、とても光栄です。僕は前作を尊いドラマだなと思って見ていました。登場人物がみな美しい心の人たちばかりで、私も医師という立場を演じさせていただけて大変うれしく思います」と出演の喜びを語っている。

もっと見る

興行収入15億円を弾き出した前作は、弱小貧乏藩が通常なら8日かかる参勤交代をたった4日で完遂するという異色の設定と、廃れゆく時代劇の様式美がうまく融合し、第57回ブルーリボン賞作品賞受賞などの高評価をゲット。それを受けて製作された続編では、さらなるピンチが藩士たちを待ち受ける。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP