新着記事

TBS系で10月13日にスタートする連続ドラマ「コウノドリ」(金曜午後10:00)で、志田未来が2006年放送のドラマ「14才の母」(日本テレビ系)以来、約10年ぶりに妊婦役を演じることが分かった。第1話にゲスト出演し、ろうあ者の妊婦・早見マナ役を演じる。志田は「まだ実際には出産を経験していないのですが、周りの友人も実際に母親になったり、年齢的にも出産というものが身近になってきたので、だからこそ命の重みを考えるようになり、実感しながら演じました」と役柄への思いを明かしている。

もっと見る

【最終週】『月』秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)が考案したすずふり亭の新メニューの試食会が開かれる。一同は省吾(佐々木蔵之介)の判定を見守る。

もっと見る

放送も残すところ最終週のみとなり、どんな終わりを迎えるのか期待が膨らむ連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)。前週の第25週では、久坂早苗(シシド・カフカ)の“永遠の25歳”の真相が明らかになったり、永井愛子(和久井映見)と牧野省吾(佐々木蔵之介)の関係が進展したり、そして、とうとう谷田部みね子(有村架純)と前田秀俊(磯村勇斗)が恋人同士になったりと、最終回に向かって動き出したストーリー展開に、これまで以上に一喜一憂した方も多いのではないでしょうか。今回、朝ドラを手掛けるのが「ちゅらさん」(2001年)、「おひさま」(11年)以来3度目となる脚本の岡田惠和氏に、本作への思いなど、お話を伺いました。

もっと見る

TBS系で10月13日にスタートする連続ドラマ「コウノドリ」(金曜午後10:00)に、佐々木蔵之介が出演することが決まった。同作は、2015年に放送されて話題となった医療ドラマの続編で、主人公の産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)の新人時代の恩師・荻島勝秀役を演じる佐々木は、「こうしてドラマのシリーズが続くのは、『コウノドリ』が愛され求められているからだと思います。出演させていただいて、とても光栄です。僕は前作を尊いドラマだなと思って見ていました。登場人物がみな美しい心の人たちばかりで、私も医師という立場を演じさせていただけて大変うれしく思います」と出演の喜びを語っている。

もっと見る

興行収入15億円を弾き出した前作は、弱小貧乏藩が通常なら8日かかる参勤交代をたった4日で完遂するという異色の設定と、廃れゆく時代劇の様式美がうまく融合し、第57回ブルーリボン賞作品賞受賞などの高評価をゲット。それを受けて製作された続編では、さらなるピンチが藩士たちを待ち受ける。

もっと見る

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00ほか)がクランクアップを迎え、ヒロイン・谷田部みね子役を演じた有村架純が、「みね子として『ひよっこ』の世界で過ごせたことは、私の宝物です。皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」と涙を浮かべ、感極まった様子で喜びを明かした。

もっと見る

NHK総合で4月3日にスタートする連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00)の東京編の主な出演者が発表され、佐々木蔵之介、宮本信子、和久井映見らの出演が明らかになった。ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)と深く関わる洋食屋の料理長・牧野省吾役を演じる佐々木は、「朝ドラに出演するのは、2000年放送の『オードリー』以来、17年ぶり2回目です。おいしい温かい料理で、朝のお茶の間の皆さんをおもてなしできたら」と意気込みを語った。

もっと見る

take73「超高速!参勤交代」

コラム

ヒットする映画には必ず目を引くポイントがあるもの。まずは、タイトル。「超高速!参勤交代」には現代用語と時代劇用語が隣り合わせていて、それが世代を問わず観客の興味を刺激しまくり。客層は40代から50代を中心に、親子連れや女性にまで及び、昨年6月3週の週末、公開15週目に突入して依然興収トップを独走していた「アナと雪の女王」に次ぐ初登場2位にランクイン。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP