新着記事

プレミアムドラマ 弟の夫

特集

【最終回】1人で留守番をしていたマイク(把瑠都)は、リコーダーを発見する。今日は夏菜(根本真陽)の小学校で笛のテストがあるらしいが、夏菜が忘れたようだ。マイクは機転を利かせて笛を学校に届ける。その日の夕方、夏菜が友達を連れて帰宅する。マイクを友達に誇らしげに紹介する娘を、弥一(佐藤隆太)はほほ笑ましく見守る。そんな折、学校から連絡が来る。それは夏菜の担任・横山(大倉孝二)からで、弥一に話があるという。

もっと見る

突然、見知らぬ外国人男性が「あなたの弟の夫です」と家を訪ねてきたら、どんなことを思いますか? 「弟と目の前にいる男性はゲイで同性婚をした。頭で理解はできる、でも…」と、分からないことが多すぎてモヤっとした気持ちになるのではないでしょうか? そんなLGBTに対する“受け手側”の戸惑いや気付きを家族の物語として描く「プレミアムドラマ 弟の夫」が、3月4日からNHK BSプレミアムで始まります。今回、主人公・折口弥一を演じる佐藤隆太さんと、弥一の亡くなった弟の同性婚の相手、マイク・フラナガンを演じる把瑠都さんを取材。撮影中のエピソードや役の魅力、家族のあり方などについて伺いました。

もっと見る

NHK BSプレミアムで3月4日から放送の「弟の夫」(日曜午後10:00)の完成試写会に、主演の佐藤隆太、元大関の把瑠都、中村ゆりが登場した。原作は、田亀源五郎氏による2015年文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞した、LGBTがテーマの同名漫画。物語は、小学生の娘を男手一つで育てる折口弥一(佐藤)の元に、ひげもじゃの外国人男性、マイク・フラナガン(把瑠都)が訪ねてくるところから展開。マイクは、弥一とは絶縁状態で亡くなった双子の弟の同性婚相手だった。

もっと見る

【最終回】事故に遭った板倉(柄本佑)の容体は悪く、妙子(中村ゆり)はショックを受けていた。雪子(伊藤歩)は、旧子爵家出身で大手広告代理店勤務の御牧(ムロツヨシ)と見合いをすることに。当日、御牧は半ズボンで現れ、雪子らを庶民的な中国料理店に案内。食事マナーもひどいものだったが、雪子との会話は弾む。本家では辰雄(甲本雅裕)の東京転勤が決まった。だが幸子(高岡早紀)は鶴子(中山美穂)が東京で暮らせるわけがないと反対する。

もっと見る

1月7日にスタートした「プレミアムドラマ 平成細雪」(NHK BSプレミアム)はご覧になりましたか? 谷崎潤一郎の名作「細雪」の舞台を平成に置き換え、バブル崩壊後を生きる4姉妹の物語として連続ドラマ化した本作。4姉妹を演じる中山美穂さん、高岡早紀さん、伊藤歩さん、中村ゆりさんが、まあ艶やかで美しいこと。昨年、第1話の放送を前に行われた会見に皆さん着物姿で登壇。その華やかさは新年のドラマにふさわしい装いでした。会見では本当の姉妹のように仲むつまじい様子で、中山さんが「撮影が終わってもこの4姉妹が続けばいいのにと感じていた」と撮影を振り返るほど、息ピッタリの撮影だったようです。

もっと見る

2018年1月7日にNHK BSプレミアムでスタートする「プレミアムドラマ 平成細雪」(日曜午後10:00)の試写会に、中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆりが出席した。文豪・谷崎潤一郎の名作「細雪」の舞台をバブル崩壊後の平成に移し、何不自由なく生きてきた名家出身・蒔岡家の4姉妹の姿を描く同作で、長女・鶴子を中山、次女・幸子を高岡、三女・雪子を伊藤、四女・妙子を中村が演じる。

もっと見る

【最終回】美羽(仲里依紗)が何者かに拉致された。偶然、それを目撃した彰(眞島秀和)が、美羽の乗せられた車を尾行しながら潤子(石田ゆり子)に電話。貴生(星野源)たち「プラージュ」の面々は、彰を追って救出に向かう。古い工場に美羽を連れ込んだ主犯の秋元(奥野瑛太)は、美羽が過去に起こした事件の被害者遺族だった。その後、貴生たちは友樹(スガシカオ)が冤罪を訴えてきた事件の思いがけない真相を知ることになり…。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP