新着記事

遺留捜査

特集

撮影中の映画で衣装を担当していたデザイナーの井波(斉藤陽一郎)が殺された。井波の首には絞めた指の痕があり、頭部には血がにじんでいた。糸村(上川隆也)は現場の自宅アトリエで棒状のやすりを見つける。やがて、撮影現場でトラブルになっていた美術監督の山野辺(小野武彦)が捜査線に浮上。特注品と分かったやすりの注文主も山野辺で、指紋も検出される。取り調べた路花(戸田恵子)らに対し、山野辺は犯行を自供する。

もっと見る

テレビ朝日系で放送中の「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」(月曜深夜0:15)の7月30日放送回は、「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥ あの有名企業が直面した大ピンチ!本当にあった奇跡の復活劇SP」(月曜午後8:10)と題した2時間スペシャルをおくる。同番組は、画期的なアイデアで売り上げを右肩上がりに伸ばし、大成功を収めた企業や人物の“成功の秘訣”に迫る新感覚のお金もうけクイズバラエティー。

もっと見る

7月12日から六本木・毛利庭園で開催している「水上ハイボールフェス presented by JIM BEAM」を前に、レセプションパーティーが行われ、テレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」(木曜午後8:00)に出演する甲本雅裕と宮﨑香蓮がゲストとして登場。「羽鳥慎一 モーニングショー」(月~金曜午前8:00)から同局の宇賀なつみアナウンサー、山本雪乃アナウンサーも浴衣姿で参加した。

もっと見る

上川隆也さん演じる風変わりな刑事が、事件現場に残された“遺留品”から事件解決の糸口を見いだすドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)。連続ドラマとして第5シーズンを迎える今期も、京都府警捜査一課特別対策室刑事の糸村聡が、京都を舞台にマイペースで周囲を振り回しながら、遺留品に込められた被害者の思いと事件の真相を解明していきます。その糸村を7年にわたって演じている上川隆也さんを直撃! 新シーズンでも見られる“変わらないけど変わった「遺留捜査」”への思いに迫りました。

もっと見る

テレビ朝日系では、上川隆也主演の連続ドラマ「遺留捜査」の第5シリーズが、7月12日からスタートする(木曜午後8:00)。同作は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁し、事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者をとりこにしてきた刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く人気シリーズだ。その新シーズン初回となる2時間スペシャルで、遺留品を採取するため、いきなり険しい岩壁を登り始めるという展開で、上川がロッククライミングに初挑戦する。

もっと見る

テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ「執事西園寺の名推理」(金曜午後8:00)が、6月8日にいよいよ最終回を迎える。本作は、主人のいかなる望みにも応える完璧な仕事ぶりから“パーフェクトな執事”と言われている西園寺一(上川隆也)が、その主人である奥さまの伊集院百合子(八千草薫)の望みで、事件を解決していくミステリー・エンターテインメントとして人気を博し、上川の洗練された執事姿に「はまり役」と絶賛する視聴者からの声が相次いだ。先日、およそ2カ月半にわたったドラマの撮影が終了し、上川、八千草、岡本玲、浅利陽介、池谷のぶえ、“伊集院家”のレギュラー出演者がクランクアップ。スタッフからの拍手に包まれる中、晴れやかな表情だった。上川は「撮影期間2カ月半。もっと短かったようにも、それ以上に長かったようにも感じます。それくらい密度の高い、思い入れの深い、そして楽しい撮影でした。最終話がきて、物語の幕が下りるのは仕方のないことです。でも、どこからかまた、西園寺のたたくノックの音が聞こえて来る日を、僕は待っています」と続編への期待を寄せた。

もっと見る

【最終回】百合子(八千草薫)の亡夫・光弥(里見浩太朗)の双子の兄・佑一郎(里見=2役)は、百合子を追い落とすつもりだった。大川(古谷一行)は西園寺(上川隆也)にそう警告する。そんな中、西園寺は伊集院グループのある企業の社長・安住(スギちゃん)の刺殺体を見つけるが、現場から立ち去ったため、殺人の疑いで警察から追われる羽目に。西園寺は自らの疑いを晴らそうと真犯人捜しに奔走する。そんな西園寺を見つけ出した丸山(佐藤二朗)は…。

もっと見る

上川隆也主演のテレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」の第5シリーズが、7月からスタートする(木曜午後8:00、開始日未定)。同作は、上川演じる刑事・糸村聡が、事件の“遺留品“に残された意味を徹底的に探り、事件の真相と声なき被害者が伝えたかった意思を丹念に拾い上げていく人気刑事ドラマシリーズ。第4シーズンから舞台を東京から京都へと移し、そのノスタルジックな情景と作品の核である人間ドラマの融合により、さらに厚みを増した物語が展開した。上川にとって糸村は約7年にわたって演じ続けてきた役柄ということもあり、感慨はひとしおの様子だ。上川は「僕にとって糸村は“ごく遠縁の親戚”のよう。全くの他人でもなく、かといって近しくもない、不思議な距離感の存在です」と語っている。

もっと見る

「わたしはあなたの執事ですから」の一言とともに、細部まで気を配りながら奥さま・伊集院百合子(八千草薫)の要望に全身全霊で応える西園寺一(上川隆也)が魅力的な「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)。6月1日放送の第7話では、訓練犬(メス)にまで気を使い、レディーとして扱うふるまいはさすがでしたね。個人的には真顔で犬を抱っこする西園寺がツボでした。毎回いろんな顔を見せてくれた彼ですが、最後は果たしてどんなにかっこいい姿を見せてくれるのか…楽しみですね!

もっと見る

WOWOWプライムで9月23日からスタートする、上川隆也主演の「連続ドラマW 真犯人」(日曜午後10:00)に、小泉孝太郎、内田有紀、高嶋政伸らが出演することが分かった。同作は、江戸川乱歩賞受賞作家・翔田寛氏の同名小説を原作に、昭和49年と平成20年に起きた二つの殺人事件が交差して、未解決のままだった幼児誘拐事件の真相があぶり出されるミステリー。主人公・重藤成一郎役の上川とは、同局の「連続ドラマW 沈まぬ太陽」(2016年)以来の本格的共演となる小泉が演じるのは、昭和と平成の二つの事件の真相解明に奮闘する刑事・日下悟。上川と初共演の内田は、弟の誘拐殺人事件によって軋轢(あつれき)が生じた家族の絆を再び取り戻そうとするけなげな姉・尾畑理恵を演じる。

もっと見る

何事も完璧にこなす執事の西園寺一(上川隆也)が、とにかくかっこいいと話題の「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)。執事としての流れるような振る舞いはもちろんですが、激しいアクションや社交ダンス、ピアノまでパーフェクトにこなす西園寺。その姿に思わずうっとりしてしまうも、冷静に考えると「彼は一体何者!?」と気になってしまいますよね。

もっと見る

上川隆也さん演じるパーフェクトな執事の西園寺一が、奥さまの伊集院百合子(八千草薫)の要望に応え、殺人事件を解決していく「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)。第5話(5月18日)では、プロが描いた何億もの値が付く作品にそっくりな絵を1日で描き上げるパーフェクトさを見せてくれましたね。描いた絵がプロ並みなんて、西園寺はどこまで最強なのでしょうか(笑)。

もっと見る

皆さん、西園寺一(上川隆也)が必ず口にする「わたしはあなたの執事ですから」のせりふに毎週癒やされていますか?(笑)。細かいところまで気を配り、全身全霊で尽くしてくれる西園寺がとにかくかっこいい「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)。今週も、八千草薫さん演じる伊集院百合子さまと一緒にかしずいてもらっちゃいましょう!

もっと見る

テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」(金曜午後8:00)で、主演の上川隆也と共演の佐藤二朗が誕生日を迎え、撮影の合間にスタッフたちが2人をバースデーケーキと花束でお祝いした。本作は、主人のいかなる望みにも応える完璧な仕事ぶりから“パーフェクトな執事”と言われている西園寺一(上川)が、その主人である奥さまの伊集院百合子(八千草薫)の望みで、事件を解決していくミステリー・エンターテインメント。その西園寺といつも事件現場で出くわすのが、城南第一署の刑事・丸山昭雄(佐藤)で、西園寺とは真逆の無骨な男だ。この対照的な2人が並んだ時の面白さや会話のやりとりも見どころとなっている。上川と佐藤は、なんと誕生日が同じ5月7日ということが分かり、用意されたケーキは、第1話「パティシエ殺人事件」でスイーツ監修をしたパティシエが特別に作った似顔絵ケーキが贈られた。

もっと見る

パーフェクトな執事の西園寺一(上川隆也)があらゆる知識と高い身体能力を駆使し、事件を解決する「執事 西園寺の名推理」。第3話では、人質にとられた百合子(八千草薫)をヒーローのように救出しに行く姿がなんともかっこよかったですね! 百合子がいる場所へ到着するやいなや「お薬の時間です」と案内する姿も、さすが執事でした(笑)。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP