新着記事

NHK総合で3月23日放送の「デッドフレイ~青い殺意~」(午後10:00)の試写会が行われ、主演の井之脇海、共演のミムラらが出席した。青年と謎に満ちた人妻のミステリーを描く作品で、主人公の藤田直樹を演じた井之脇は、「今作がドラマ初主演だったので、現場では自分を客観視できず、直樹としてその場にいることで精いっぱいでした。でも仕上がりを見て、自分ではない人物として直樹がそこにいて、映像になって人に届くドラマの楽しさを再認識できました」と手応えを明かした。

もっと見る

BS時代劇 大岡越前4

特集

【最終回】将軍・吉宗(平岳大)に献上する初物のマツタケ道中が江戸城に近づく。そこへ、見物人の少年・清吉(横山歩)が人足・伊佐次(福士誠治)に駆け寄り、伊佐次がマツタケを落としてしまう。清吉の母・おみね(笛木優子)は伊佐次といい仲で、清吉は伊佐次を父と慕っていた。事態を重く見た老中・朝倉(勝野洋)は連座制を適用し、関係者全員を死罪にすべきと主張。思い悩んだ忠相(東山紀之)は、自らの命を懸けて裁きを下す。

もっと見る

享保期の江戸を舞台にしたNHK BSプレミアム「大岡越前4」。昭和の名作時代劇のリメーク版です。あのおなじみの哀愁漂うオープニングテーマを聞くと、懐かしい気持ちになる方もいらっしゃるのでは? 毎回1話完結の物語で、すっきりと解決するという抜群の安定感も醍醐味(だいごみ)の一つ。正義と人情、笑いと涙。人間の温かみにあふれた作品は、ちょっと一休みしたい時にこそ、癒やしをくれるドラマです。

もっと見る

この声をきみに

特集

【最終回】京子(麻生久美子)が朗読教室を辞める決意は固く、孝(竹野内豊)の告白も届かない。発表会が近づく中、孝たちは京子を引き留める作戦を思い付く。そんなある日、息子の龍太郎(加賀谷光輝)から手紙が届き、喜ぶ孝。そして、孝は奈緒(ミムラ)と久々の再会を果たす。教室では泰代(片桐はいり)が発表会で読む本について悩んでいた。片思いしているヨガ教室の先生を誘ってしまったのだ。そんな泰代に、京子はある本を薦める。

もっと見る

この声をきみに

特集

【最終回】京子(麻生久美子)が朗読教室を辞める決意は固く、孝(竹野内豊)の告白も届かない。発表会が近づく中、孝たちは京子を引き留める作戦を思い付く。そんなある日、息子の龍太郎(加賀谷光輝)から手紙が届き、喜ぶ孝。そして、孝は奈緒(ミムラ)と久々の再会を果たす。教室では泰代(片桐はいり)が発表会で読む本について悩んでいた。片思いしているヨガ教室の先生を誘ってしまったのだ。そんな泰代に、京子はある本を薦める。

もっと見る

2018年1月7日スタートのNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜午後8:00ほか)の新たな出演者が発表され、主人公の西郷隆盛(鈴木亮平)の弟・従道を錦戸亮、西郷が流罪となった奄美大島で妻となる愛加那を二階堂ふみが演じることが決まった。会見に出席した主演の鈴木は、「改めて大河がすごいなと思うのは、そうそうたる共演者の方ばかり。一流の経験と才能のある方々のお芝居を受けさせていただける。こんなにぜいたくな現場はないと幸せをかみしめています」と笑顔で新たなキャストを迎えた。

もっと見る

皆さん、朗読に興味はありますか? “朗読”と聞いて敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、ワークショップなどではひそかに人気が高いそうです。そんな朗読教室を舞台にしたドラマ「この声をきみに」(NHK総合)が始まった、いえ、始まることをご存じでしょうか。9月8日の第1回の放送中に緊急の地震ニュースに切り替わったため、9月15日に改めて第1回が放送されます。ドラマは、偏屈でさえない大学の准教授が、人生を変えるため朗読教室を訪れ、新たな自分を見つけようと奮闘する、楽しくも切ないヒューマンコメディーで、その主人公・穂波孝を、NHKドラマ初主演となる竹野内豊さんが演じます。さらに、朗読教室の講師・江崎京子を麻生久美子さんが、孝の妻・奈緒をミムラさんが、京子の上司・佐久良宗親を柴田恭兵さんが演じるほか、大原櫻子さん、杉本哲太さん、戸塚祥太さん、片桐はいりさんら豪華キャスト陣が個性豊かな役を演じます。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP