新着記事

デイジー・ラック

特集

【最終回】安芸(鈴木伸之)から求婚された楓(佐々木希)は幸せだが、自分がフランスでパン職人として働けるかどうかは分からず、不安も感じる。ミチル(中川翔子)は革職人の鶴雄(マイク眞木)と亀雄(樋浦勉)に相談を持ち掛け、貴大(磯村勇斗)もそれを後押しする。大和(桐山漣)と暮らし始めた薫(夏菜)だが、互いに仕事中心の生活は変わらず、寂しさを拭えない。えみ(徳永えり)は隆(長谷川朝晴)がカフェ経営を諦めきれていないと知る。

もっと見る

仕事に、恋に、そして――。いわゆる“アラサー”と呼ばれる女性たちの幸せ探しを描くNHK総合のドラマ「デイジー・ラック」(金曜午後10:00)が、4月20日よりスタートする(全10話)。「逃げるは恥だが役に立つ」でも知られる海野つなみの同名漫画をドラマ化した本作は、小学校時代からの幼なじみである山城楓(佐々木希)、周防薫(夏菜)、讃岐ミチル(中川翔子)、岩代えみ(徳永えり)が織り成す、心温まるヒューマンドラマ。等身大の彼女たち4人が、仕事や恋にまい進していく姿を通して、アラサー女性たちの求める幸せをリアルな視点で映し出していく。

もっと見る

“アラサー女子”と聞いて皆さんはどんなイメージを持たれますか? 「まだまだ若い」と思う人もいれば、「もう自立した立派な大人でしょ」と思う方、「ちょっと痛々しいかも…」なんて思う方、イメージは人それぞれですが、そんなアラサー女子たちの日常をほほ笑ましいタッチで描いたドラマ10「デイジー・ラック」(NHK総合)が、4月20日にスタートするのをご存じでしょうか? 海野つなみ氏の人気コミックが原作で、幼なじみ4人のアラサー女子たちが、仕事に、恋に、もがき苦しみながらも自分らしい幸せを見つける物語です。そして、30歳目前で仕事と恋人を失った山城楓役を佐々木希さんが、エステサロンの営業職として仕事にまい進する周防薫役を夏菜さんが、独特の美意識を持つ極貧のバッグ職人・讃岐ミチル役を中川翔子さんが、専業主婦となった新婚の岩代えみ役を徳永えりさんが演じ、アラサー女子のリアルで切実な世界観を見事に映し出しています。

もっと見る

NHK総合で4月20日にスタートする連続ドラマ「デイジー・ラック」(金曜午後10:00)の試写会が行われ、主演の佐々木希、共演の夏菜、中川翔子、徳永えりが出席した。30歳を目前に会社が倒産し、恋人にもふられ、夢だったパン職人を目指し始める山城楓役を演じる佐々木は、「楓は仕事も彼氏もなくなり、どん底からのスタートをしますが、何か応援したくなる、いい意味でも、悪い意味でも応援したくなる女性です。新たなスタートが多い4月にぴったりな明るく楽しいドラマになっています」と見どころをアピールした。

もっと見る

NHK総合では4月20日から、佐々木希が主演する連続ドラマ「デイジー・ラック」(金曜午後10:00)がスタートする。海野つなみ氏の同名漫画を原作に、30歳の女性4人の幸せ探しを描くストーリーで、主人公のパン職人・楓を演じる佐々木は、「『私には何もない!』という、どん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました」と同世代として共感する役柄であることをアピールしている。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP