新着記事

テレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ25」で4月6日からスタートする池松壮亮主演ドラマ「宮本から君へ」(金曜深夜0:52)の追加キャストが発表され、松山ケンイチ、高橋和也、浅香航大、酒井敏也、蒼井優らが出演することが決定した。原作となるのは、1990年代に多くの若者を魅了した新井英樹氏による同名の名作漫画。本作は、文具メーカー「マルキタ」の新人社員で、恋にも仕事にも不器用な宮本浩(池松)が、営業マンとして、人間として、成長していく青春ストーリー。

もっと見る

2017年も残すところ、あとわずか…大みそかの国民的音楽番組「NHK紅白歌合戦」をどう楽しむか。お気に入りのアーティストの出番をチェックしてテレビの前に! 副音声ボタンを押してウラトークを聞くのもいいし、ラジオの細やかな語りを聞くもよし。アーティストの最高のパフォーマンスを満喫したら、PCやスマホで楽屋トークもチェック! 複数のステージで同時にライブをやっているフェスのように、紅白を楽しんでみてはいかがでしょう?

もっと見る

残すところ、2017年もあとわずか。1年の締めくくりといえる「NHK紅白歌合戦」の放送も迫ってきた。年々、さまざまな趣向を凝らしている紅白だが、第68回を数える今年はどういった見どころがあるのだろう? そこで、前年に引き続き番組の制作統括を務める矢島良チーフプロデューサー(以下、CP)に取材を行い、主に三つのテーマについて語ってもらった。その1では、初出場歌手が選ばれた経緯を聞く。

もっと見る

まさか、エレファントカシマシが「NHK紅白歌合戦」に出場する日が来るとは──。そんな思いを抱くロックファンはきっと多いだろう。特に、彼らのことを古くから知る人であればあるほど、隔世の感さえ抱いてしまうはずだ。1988年にデビューしたエレカシは、今と同じく最高のロックを奏でてはいたが、他に類を見ない強烈な存在感と初期衝動と諦念が混じり合ったような歌は、時に聴く者の安易な共感を拒絶するような鋭さを持っていた。つまり、当時のロックシーンの中でも異端と言えるそのスタンスは、国民的音楽番組である紅白から最も遠く離れていたのだ。だからこそ、その姿を知る人々にとっては、今回の紅白初出場はなんとも感慨深い。来年でデビュー30周年を迎えるエレカシは、ずっとわが道を歩いてきた。しかし、最初は孤高で細かったであろうその道も、いつしか多くの人々が行き来する大通りへとつながっていたのだ。

もっと見る

12月31日にNHK総合で放送の「第68回NHK紅白歌合戦」(午後7:15)の出場歌手発表会見が行われ、丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster、エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、Hey! Say! JUMP、三浦大知、WANIMAの10組が初出場することが決まった。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP