新着記事

NHK連続テレビ小説(月~土曜午前8:00ほか)のヒロインバトンタッチセレモニーが行われ、9月30日に最終回を迎える「ひよっこ」の谷田部みね子役の有村架純、10月2日にスタートする「わろてんか」の藤岡てん役の葵わかなが出席した。

もっと見る

9月18日にNHK総合で放送の「LIFE!~人生に捧げるコント~」(午後10:00)に、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00ほか)でヒロイン・谷田部みね子を好演中の有村架純が出演することが分かった。同番組は、俳優や芸人たちが人生をテーマにしたコントを繰り広げる人気シリーズ。内村光良を座長に、田中直樹、西田尚美、星野源、石橋杏奈、臼田あさ美、ムロツヨシ、塚地武雅、吉田羊らがレギュラー出演している。現在、特集番組として放送されており、今回は今年度の第3弾となる。

もっと見る

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00ほか)がクランクアップを迎え、ヒロイン・谷田部みね子役を演じた有村架純が、「みね子として『ひよっこ』の世界で過ごせたことは、私の宝物です。皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」と涙を浮かべ、感極まった様子で喜びを明かした。

もっと見る

vol.356 磯村勇斗 -HAYATO ISOMURA-

コラム

「ひよっこ」で、すずふり亭の見習いコック・ヒデこと前田秀俊を演じていますが、出演シーンも増えてきて、うれしいです。お気に入りは、いろんな人が集まる裏天広場で繰り広げられるシーン。あと今後、ヒデがみね子(有村架純)に対してすごく男らしい一面を見せるシーンが出てくるのですが、一番印象深いシーンになりました。2人の距離感の変化に注目です。なかなかみね子にアプローチできないヒデですが、僕も恋愛には奥手な方。真面目で仕事熱心なところも似ていると思いますが、自分は一言で言うなら、“大人ぶってるやんちゃボーイ”ですかね(笑)。人見知りだし、クールに見られがちなんですが、実は子どもっぽくて甘えん坊です!

もっと見る

物語も大詰めに差し掛かかり、視聴率も好調なNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。有村架純さん演じるヒロイン・谷田部みね子の周りには個性豊かな人物がたくさん登場し、「あの人は誰?」「あの人が気になる」などと常に話題になっていますが、みね子が住む「あかね荘」の住人・久坂早苗(シシド・カフカ)も、登場以来注目を集めている人物の一人です。さまざまな人間模様が繰り広げられるなか、第20週のみね子、牧野由香(島崎遥香)、助川時子(佐久間由衣)、早苗による“月時計会議”では、早苗の見事な仕切りにより、みね子が島谷純一郎(竹内涼真)との別れを選んだ本当の理由や、由香のこれまでの生き方や本音などが次々と明らかになりました。しかし、残念ながら自分のことは語らずじまいでしたね。そんなどこか謎めいた雰囲気を持ちながら、頼りがいもある早苗役を演じているシシドさんに、ドラマの撮影エピソードなどお話を伺いました。

もっと見る

8月24日放送のNHK総合の音楽番組「SONGSスペシャル」(木曜午後10:00)に、桑田佳祐が出演し、桑田が主題歌「若い広場」を歌う、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00ほか)に出演する有村架純らとコラボレーションしたスタジオライブを行う。

もっと見る

これまで個性豊かで魅力的な人物がたくさん登場しているNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。皆さんの気になる人物は誰ですか? 先日の第13週・第77回の放送では、とうとうあの人が東京にやって来ましたね。彼がこよなく愛するザ・ビートルズの来日を知り、居ても立ってもいられなくなって茨城からバイクで上京しちゃったあの人。そう、イギリスかぶれ(?)のちょっと変わった風貌で、変なバイクに乗っていて、いつも谷田部家を気にかけてくれる谷田部みね子(有村架純)の叔父・宗男おじさんです。宗男といえば、初登場(第1週)時にナレーションで“変なおじさん”と紹介され、放送スタート当初から「あの人は何者?」と話題になっていました。その小祝宗男役を演じていらっしゃるのが峯田和伸さん。峯田さんはロックバンド・銀杏BOYZのメンバーです。ミュージシャンとしてだけでなく、役者として活動の幅を広げている峯田さんに、役への思いや撮影秘話などを伺いました。

もっと見る

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜午前8:00)に、菅野美穂が出演することが決まった。物語後半の鍵を握る川本世津子役を演じる菅野は、「何度かご一緒させていただいている岡田惠和さんの脚本ですが、今までで一番優しくてすてきなお話だと思いながら拝見していました。参加させていただけて本当に光栄です」と喜びを明かしている。菅野は2016年10月から17年4月まで放送された連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインの母親役を演じており、2作連続で“朝ドラ”に出演するのは異例のこととなる。

もっと見る

個性豊かなキャラクターが続々と登場しているNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。そんな中、第10週・第11週で特に目を引いたのが、ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)が働く「すずふり亭」のホール係・朝倉高子役の佐藤仁美さんの存在です。職を失ったみね子に対して、「うちで働く?」と言ってはみたものの、すぐに「しまった!」と困り顔になった牧野鈴子(宮本信子)や、「何人もの美人が通り過ぎていったことか…」と遠い目をする牧野省吾(佐々木蔵之介)。鈴子たちをそうさせたのは、すずふり亭の“看板娘”でもある高子が、面接に来るかわいい女性は採用しないといううわさが原因でした。そして、みんなが心配そうに見守るなか、合格の代名詞ともいえる「あんみつ食べる?」を高子に言われて複雑な気持ちになったみね子に、思わずクスッとさせられた方も多いのではないでしょうか。今回、朝ドラ出演5作目となる佐藤さんに、役についてや撮影エピソードなど、お話を伺いました。

もっと見る

4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。毎朝、有村架純さん演じるヒロイン・谷田部みね子の笑顔と茨城弁に癒やされている方も多いのではないでしょうか。そんな中、ドラマ以外にもう一つ癒やされるものが。そう、主題歌を担当する桑田佳祐さんの歌声と共に流れるあのかわいいオープニング映像です。炊飯器やビール瓶、畳やたわしなどで見事に“昭和”が表現された独特の世界。なんとなーく見ていると単純にかわいい、よーく見てみるといろいろな発見があって面白い…、そんな見ていて飽きないオープニング映像を手掛けたのが、アートディレクター・ミニチュア写真家の田中達也氏とディレクター・CGアニメーターの森江康太氏です。田中氏といえば、小物を街や自然に見立てる“ミニチュアカレンダー”で注目を集めるアーティストです。一方の森江氏といえば、「NHKスペシャル『生命大躍進』」(NHK総合)で恐竜のCGのリアルな動きを手掛けたクリエーターです。そんなお二人に、制作の裏話などをうかがいました。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP