新着記事

いつまでも白い羽根

特集

【最終回】担当する乳児が急死した後、千夏(伊藤沙莉)が看護学校に来なくなる。千夏が逃げ出すはずがないと心配した瑠美(新川優愛)は自宅を訪問。何があったのかを問い詰める瑠美に、千夏は乳児の死に関して指導看護師から理不尽な要求をされ、拒否したら退学しなければならない状況にあると明かす。千夏は、不正を犯すくらいなら退学することもやむを得ないと考えていた。瑠美は、卒業を目前にどうすればよいのかと思いを巡らす。

もっと見る

フジテレビ系で放送中の新川優愛主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)の5月19日放送回・第7話に、柳沢慎吾と中島唱子が共演する。同作は、作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、看護学校に通う木崎瑠美(新川)が、共に学ぶ山田千夏(伊藤沙莉)たちや患者との交流によって、成長していく姿を描く。柳沢は千夏の父親で中華料理店の主人・健司として出演しており、第7話では、健司と千夏が大勢の客の前で、大声で親子げんかをする場面があり、その客の1人を中島が演じる。

もっと見る

新川優愛さんが初主演を務め、看護学校が舞台となっているオトナの土ドラ「いつまでも白い羽根」(フジテレビ系)が、4月7日から放送が始まりました。第1話には、木崎瑠美(新川)と山田千夏(伊藤沙莉)が同じ班のメンバーとして出会い、友情が芽生えた最初の大事な場面がありました。千夏は不器用ながらも必死で看護師になろうと努力する一方、瑠美は大学受験に失敗し、滑り止めで受けた看護学校にとりあえず通っている看護学生で、目指すところはまるで真逆の2人。それでも、千夏は自分には持っていない“強さ”を瑠美に感じて尊敬し、瑠美も千夏にいい意味で振り回されていきます。

もっと見る

フジテレビ系で4月7日からスタートする連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)の制作発表会見に、主演の新川優愛、共演の伊藤沙莉、酒井美紀、さとうほなみ、加藤雅也が参加した。同作は、作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、看護学校に通う木崎瑠美(新川)が、共に学ぶ山田千夏(伊藤)たちや患者との交流によって、成長していく姿を描く。連ドラ初主演の新川は、「これだけ真っすぐで心(しん)がある女の子の役が自分に務まるのかという不安がありました。自分もないわけではないけれど、周りの目を気にせず、正しいと思ったことにはズバッと物を言えることは少なくて。そこは自分に足りない部分を持っていると感じますし、見習いたいと思う部分です」とアピールした。

もっと見る

フジテレビ系で4月7日からスタートする新川優愛主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に、酒井美紀、瀬戸利樹、清原翔、柳沢慎吾、榊原郁恵が出演することが分かった。同作は、作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、看護学校に通う木崎瑠美(新川)が、共に学ぶ山田千夏(伊藤沙莉)たちや患者との交流によって、成長していく姿を描く。

もっと見る

新川優愛が、4月7日から始まるフジテレビ系連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に主演することが決まった。作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、大学入試に失敗し、すべり止めとして受験した看護学校に通うことになった木崎瑠美(新川)が、世代を超えた個性あふれる友人との出会いや、初恋、命の限られている患者たちと向き合うことによって、新しい自分に気付き、やがて真剣に看護師を目指す姿を描く。共に学ぶ同級生・山田千夏を伊藤沙莉、瑠美たちが通う看護専門学校の校長・番匠光太郎を加藤雅也が演じる。

もっと見る

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP