中村倫也が高校教師に! 恋に、ニキビに悩む女子高生と先生の甘酸っぱいストーリー

ニュース
キーワード

 ニキビ一緒に治そうProjectは、中村倫也が出演するニキビ治療啓発動画「ニキビも、悩みも、小さなうちに。」をWEB限定で9月14日から公開。また、撮影の裏側を収めたメーキングやインタビュー動画も公開している。

 本動画は、あまり世間では知られていない「ニキビは皮膚科で治療ができる」という事実を広めるために作成され、おでこにできたニキビに悩んで自信が持てない女子高生と先生との甘酸っぱいやりとりが繰り広げられている。高校教師役を中村が、女子高校生役を西本まりんが演じ、CMの楽曲は女子高生の心情を歌詞にした曽我部瑚夏によるオリジナルソングとなっている。さらに、動画に出てくるハリネズミは、実は教頭先生という設定で、声優の杉田智和が声を担当している。

 下校する生徒たちに廊下で「さようなら」とあいさつをする中村扮(ふん)する先生。西本演じる女子高生と目が合うが、いつもと様子が違う。気にする先生の前を、女子高生は恥ずかしそうに前髪を隠しながら早々と通り過ぎていく。家に帰り、鏡の前でおでこにできたニキビをつぶそうとする女子高生。すると、スマホサイトの中のハリネズミがニキビは皮膚科で治療できることを教えてくれる。後日、ニキビが治り、悩みが解決した女子高生は、先生に「おはようございます」と笑顔であいさつを交わしながら登校していくというストーリーだ。

 撮影を終えて、中村は「今回の作品は、女子生徒の乙女心に尽きるんじゃないですかね。彼女のニキビに悩みつつ、恋をしているのかしていないのかは分かんないですけど、なんかそういうちょっとした青春な感じを、この高校の撮影を通じて、ヒシヒシと感じています」と見どころを語り、自身のニキビの悩みについては「僕は高校時代、そんなにニキビができない方だったんですよね。たまにはできていたんですけど、皮膚科に行くっていう発想がなかったですね。同級生にはそれこそすごく悩んでいる人もいました。その時代にこういう作品があれば、人生もう少し楽しかったかなと思います」と明かした。

 さらに、自身の高校時代の思い出については「もっぱら勉強の虫だったので、優等生できていたので…まあ、うそなんですけど(笑)。文化祭とか楽しかったですね。出し物を考えて、クラスTシャツとか作ったり。体育祭とかイベント事は一致団結じゃないですけど、印象に残っていますね。キラキラしていたなと思いますね、思い返すと。あとは…もっぱら、恋ですね」と振り返った。

 そして、最後に、今、ニキビで悩んでいる人へ「学生でも、大人になってからも、大人ニキビなんてのもありますし、僕も最近できるんですけど。この作品の学校の生徒と先生の物語を通じて、そんなニキビをどういうふうに処置したらいいのかを学べると思いますので、ぜひ参考にしていただいて、すてきな人生を歩んでいただければと思います。やっぱり、ニキビ一つで、ちょっと人の目が気になってしまったり、1日ハッピーじゃなくなったりするすてきな乙女心をお持ちの方も多いと思いますので、ぜひ適切な処置を施してやってください」とメッセージを寄せた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP