岡田将生が難役に挑戦中。「4月から稽古を始め、役と共に落語を歩んでいる感じ」とアピール

ニュース
キーワード

 NHK総合で10月12日にスタートする「昭和元禄落語心中」(金曜午後10:00)のスタジオ取材会が行われ、主演の岡田将生、共演の竜星涼、大政絢、篠井英介、平田満、山崎育三郎が出席した。落語家の有楽亭八雲(菊比古)役を演じる岡田は「本当に落語は難しいです。4月くらいから稽古をし始め、(落語監修の)柳家喬太郎師匠にも少しずつ上手になってきたと言われるたびに、落語を好きになっています。役と共に落語を歩んでいる感じがします」と手応えを明かした。

 雲田はるこ氏の同名漫画を原作とした本作は、昭和初期に落語の世界に入った八雲と、同期入門の落語の天才・助六(山崎)、2人を支えた芸者・みよ吉(大政)、そして時代は移り変わり、八雲の弟子となった天衣無縫な与太郎(竜星)、助六とみよ吉の遺児・小夏(成海璃子)を中心に、芸の絆で結ばれた若者たちの友情や師弟愛、愛憎を描くストーリー。原作漫画は累計190万部を超えるヒット作で、現在の落語ブームのきっかけの一つになった。

 劇中では、岡田が古典落語の演目「死神」、竜星が「出来心」、山崎が「野ざらし」を披露する場面があり、岡田は「1人で高座に立つので、自分自身で監督して、演出もつけているようで、孤高な感じがします。落語のために生きているような役なので、今は落語を突き詰めています」と独特の雰囲気と対峙(たいじ)していることを告白。竜星も「落語は初めてやらせていただくので、覚悟がいる作品だと思って向き合っています。熱を持って、作品と心中したい」と意欲を見せた。

 また、山崎は「『野ざらし』では歌う場面があるのですが、『うまく歌わないで』と何度もダメ出しをされた」と苦笑いを浮かべつつ、「ミュージカルではプリンスなんて言われることもありますが、今回はイメージとは正反対のがさつで女好きで破天荒な役。しかも落語は、言葉だけでお客さまに想像させ、しかも何役もこなす究極の表現でもある。これを乗り越えたら、役者としての大きな成長になると思っています」と意気込みをアピールしていた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP