「下町ロケット」続編に土屋太鳳、真矢ミキらが再集結。竹内涼真は「成長した姿をお見せしたい」

ニュース
キーワード

 TBS系で10月期に放送の連続ドラマ「下町ロケット」(日曜午後9:00、開始日未定)に、土屋太鳳、竹内涼真ら前作の豪華キャスト陣が再集結することが分かった。同ドラマは、池井戸潤氏の同名小説シリーズを原作に、2015年に放送されたドラマの続編で、主人公の佃航平(阿部寛)が社長を務める下町の町工場・佃製作所の奮闘を描くもの。前作では国産ロケットのバルブシステムの開発に挑戦したが、今作ではまたしても窮地に陥った佃製作所が、宇宙から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。

 航平の娘・利菜役の土屋は、「あたたかな佃家で育ち、反抗し、悩み、決断した利菜が、今回はどこで何を思い、何に挑戦していくのか。ワクワクさせていただく機会にもう一度出合えていることが本当にうれしく、光栄です」と再びの出演の喜びを明かした。佃製作所の技術開発部の若手エース・立花洋介役の竹内も、「3年ぶりに、またこのチームに呼んでいただけたことを大変うれしく、そして誇りに思います。3年前の撮影現場は日々緊張の連続でした。ですが、今回は堂々とカメラの前に立ち、役柄同様成長した姿をお見せしたいと思っています」と続投に意欲を見せている。

 土屋、竹内のほか、佃製作所の女性エンジニア・加納アキ役の朝倉あき、佃の元妻・和泉沙耶役の真矢ミキ、帝国重工の本部長・水原重治役の木下ほうか、佃製作所の弁護士・神谷修一役の恵俊彰、ライバル企業の弁護士・中川京一役の池畑慎之介、さらに佃と孫娘・利菜と3人で暮らす佃和枝役の倍賞美津子も再出演することが決まった。

 朝倉は「夢を追うこと、利より義を貫くこと、考え抜いて努力し続けることは、どれも簡単なことではありませんが、決して諦めない佃社長とその心強いメンバーと共に、また新たな夢を追い掛けられるのが楽しみでなりません」、真矢は「一度演じた役ではありますが、私も思い新たに役を生きたいです」、木下は「国民の誰もが知り、誰もが大好きなこのドラマに再び参加できることは、誠に光栄でございます」、恵は「勝率8割、残りの2割は勝ちに等しい和解です…負けない裁判を引き受けない神谷弁護士は今回どんな裁判に臨むのでしょうか。ワクワクします」、池畑は「今回もよりイヤミな弁護士を目指したいと思っております。ご期待ください」と話している。

 倍賞は「3年ぶりにキャスト・スタッフと再会して仕事ができるのを今から楽しみにしています。家族のシーンでは、また3人でおいしいご飯が食べられるのがうれしく、団欒(だんらん)している雰囲気が伝わればと思います」と、撮影を心待ちにしている。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP