「高校生クイズ」メインパーソナリティー・千鳥が絶賛する“地頭力のいい”乃木坂46メンバーとは?

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で9月14日放送の「第38回全国高等学校クイズ選手権」(午後9:00)の制作発表会見が行われ、千鳥(ノブ、大悟)がメインパーソナリティーを務めることが発表された。同番組は、今年で38回目を迎える高校生によるクイズ大会で、同じ学校の生徒3人1組でチームを結成し、学力だけでは解くことができない“地頭力”が問われるクイズに挑むもの。7月26日に全国一斉に地区大会が行われる。

 会見では3年連続でメインサポーターを務める乃木坂46の高山一実、佐藤楓、中田花奈、山下美月、西野七瀬、白石麻衣も登場。山下は「今回も会場でライブをさせていただきますが、いつも高校生のエネルギッシュなパワーが伝わってくるんです。私たちも負けないように頑張りたい」と意気込みを明かした。

 さらにメインパーソナリティー発表を前に、乃木坂46メンバーは「知的な方のはず」「歴史ある番組なので大物」などと予想。ハードルが上がった状態で現れたノブは「出にくい…」とぼやき、大悟も「今からでも間に合う、代えましょう」と苦笑い。それでもノブは「漫才は地頭しか必要じゃない。それでやってきましたから。学力だけじゃない地頭力なら貢献できる」と強気にアピールした。

 また、大悟チーム(西野、高山、中田)とノブチーム(白石、佐藤、山下)の2組に分かれて、大会で出題されるクイズの例題に挑戦することになり、最終問題だけ正解できなかった大悟チームが、罰ゲームとして苦いセンブリ茶を飲むことに。ノブは、負けたものの2問正解に大きく貢献した高山の活躍に驚いたようで、「高山ちゃんは相当、地頭いいんじゃないかな」と絶賛。一方でノブは、なぜか「もともと苦いのは平気な方」とノーリアクションだった西野が気になったようで、「一人だけノーリアクションの西野ちゃんはめちゃくちゃ面白かった。狙ったんだったら、相当賢いはず」と乃木坂46メンバーの意外な実力に脱帽していた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP