大倉忠義らへの復讐が完結!? ディーン・フジオカ主演「モンテ・クリスト伯」最終回

ニュース
キーワード

 ディーン・フジオカ主演のフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」が、6月14日(木曜午後9:00)に最終回を迎える。同ドラマは、幸せの絶頂から一転、冤罪(えんざい)を着せられ投獄生活を送っていた主人公・柴門暖(ディーン)が、15年間の時を経て、投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐(ふくしゅう)を果たす物語。ディーンは、南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)ら3人を陥れるためなら、周囲が巻き込まれようとも気にも留めない復讐鬼・真海をクールに演じた。「ハマリ役」との反応にディーンは、「ハマリ役と言っていただける役に出会えるというのはめったにないことなので、うれしいです。俳優って自分がイニシアチブを取る仕事ではないじゃないですか。そういう役と巡り合わせていただけて本当にありがたい、光栄なことだなと思います」とうれしそうに語っている。

 そんなキャラクターへの役作りについては、「日本語は“最後の言葉を取らない方が勝ち”というように思えて。一言で必殺!というようなことが日本語の美学かなと思ったので、真海のせりふ、立ち振る舞いではそういうところを意識して演じました」と解説。最終回の見どころについては、「見ないと損ですよ、絶望の向こう側を」とアピールし、「絶望の後には希望しかないんじゃないかって思いたいですね。ドラマは一つの絵画のようなものですよね。最後の絵がどういう絵になるのかというのは、最後に皆さんがどう感じていただけるかというのは、1話から通して見ていただいた方が重みも違ってくると思うし、導き出す答えというのも変わってくると思うので、ぜひ最初から“最後の絵”にたどり着くまで堪能していただきたいですね」と話している。

 最終回では、真海の復讐劇が結末を迎える。真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ入間の娘・未蘭(岸井ゆきの)は、いまだに昏睡(こんすい)状態のままで面会謝絶。信一朗は入間からも促され、真海の別荘を訪ねる。詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うとわびる。未蘭を排除した瑛理奈(山口紗耶加)は、いよいよ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとする。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP