【W杯・グループE展望】ネイマール復活のブラジルが優位。2位争いは激戦

ニュース
キーワード

 ロシアワールドカップに臨むブラジル代表は強い。その認識は、大会直前に行われた親善試合の結果を受けて、より一層、増している。ヨーロッパで調整を続けるブラジルは、6月3日に行われたクロアチア戦に2−0で勝利すると、続く6月10日のオーストリア戦でも3−0と快勝している。

 この2試合では、2月下旬に負ったけがから復帰したばかりのFWネイマールも出場。今大会に臨むブラジルにとって、エースのコンディションが唯一の懸念材料といわれていたが、クロアチア戦では後半から途中出場すると、先制点をマーク。続くオーストリア戦でも連続ゴールを記録し、高らかに復活をアピールした。加えて2試合ともに無失点。そこに今大会に挑むブラジルの強さが見え隠れする。

 ペレにはじまり、ジーコ、ロマーリオ、ロナウドと、名だたるストライカーを輩出してきたことで攻撃的なイメージの強いブラジルだが、チッチ監督が率いるブラジルは堅守でも知られている。DFチアゴ・シウバとDFミランダ、もしくはDFマルキーニョスが形成するセンターバックは対人に強く、相手のパスを寸断するインターセプトにも長けている。欧州や南米の屈強なFW陣を抑え込む力と、頭脳的なプレーで試合を読む力、その両方を備えているのだ。さらに堅守を現実のものとしているのが、最終ラインの前に位置する3枚のMFだ。MFカゼミーロは機動力があり、ピッチ全域をカバーする。MFパウリーニョもMFレナト・アウグストも守備意識が高く、ボールを奪い切る力と、ボールを支配するキープ力がある。その陣容は強固としか言いようがなく、まさに手堅いブラジルとでも言えばいいだろうか。

 また、守備だけで終わらないのもブラジルの魅力だ。名前を挙げた中盤の3枚は、縦への推進力があり、チャンスではたびたびゴール前に顔を出すことで、攻撃に迫力をもたらす。そして、そのチャンスを作り出すのが、左サイドのネイマールと右サイドのコウチーニョだ。共にドリブルで突破する力を有するアタッカーは、それぞれサイドバックとの連係により、決定機を演出する。ネイマールに至っては、1人で好機を生み出せれば、そのままフィニッシュする力もある。仕上げをするガブリエル・ジェズスは、ゴールを陥れるという表現がぴったりの嗅覚鋭いストライカーで、クロスやこぼれ球を簡単に決めてしまう。まさにブラジルには穴が見当たらない。

 そのブラジルは、グループD突破の最有力候補というだけでなく、優勝候補筆頭に押されているのは、チームとしての完成度の高さもさることながら、4年前の雪辱を果たそうと選手たちが燃えているところにもある。思い返せば前回のワールドカップ。開催国として6度目の優勝を義務づけられていたブラジルは、準決勝でドイツに1−7と惨敗した。その歴史的大敗にブラジル国民は大きく落胆し、選手たちは強く糾弾された。それだけに、この4年間は、悔しさを晴らすためにあったと言っても過言ではない。並々ならぬ決意でロシアに臨むブラジルの目標はグループステージ突破などではなく、タイトル以外にない。

 ただし、ブラジルが牽引するグループEは、実力国がそろっている。親善試合で日本と対戦して2−0で勝利を飾ったスイスは、FIFAランキングでも6位に位置する強豪。中盤には、重戦車のような体をしたMFジェルダン・シャキリ、アーセナルでプレーするMFグラニト・ジャカといぶし銀の選手がそろっている。爆発力はそれほどないが、チームとしての組織力は高い。

 セルビアも激戦区といわれるヨーロッパ予選を1位通過してきた猛者(もさ)である。世界的なスーパースターはいないものの、トップ下のアデム・リャイッチ、強烈なミドルを持つセルゲイ・ミリコヴィッチ=サヴィッチら、技術の高い攻撃陣を擁し、中盤の底にはスパイダーの異名を持つネマニャ・マティッチが構えている。コスタリカにしても前回大会でベスト8進出を果たしており、侮れない。

 ブラジルがグループステージでつまづくことはまず考えられないが、勝ち点を落とすようなことになれば、グループEは混戦になるだろう。ブラジル優位は崩れないが、間違いなく2位争いは熾烈(しれつ)を極める。

文/原田大輔

【グループE/FIFAランキング(W杯出場回数)】
ブラジル/2位(21大会連続21回目)
スイス/6位(4大会連続11回目)
コスタリカ/23位(2大会連続5回目)
セルビア/34位(2大会ぶり12回目)
【グループE/放送スケジュール】
コスタリカ×セルビア
6月17日(日)
フジテレビ系 午後7:57~11:54(生中継)
6月18日(月)
NHK BS1 午後3:00~4:50(録画)

ブラジル×スイス
6月17日(日)
NHK総合 深夜2:45~翌午前5:00(生中継)
6月18日(月)
NHK BS1 午後7:00~8:50(録画)

ブラジル×コスタリカ
6月22日(金)
テレビ朝日系 午後8:00~深夜0:00(生中継)
6月23日(土)
NHK BS1 午後1:00~2:50(録画)

セルビア×スイス
6月22日(金)
NHK総合 深夜2:45~翌午前5:00(生中継)
6月23日(土)
NHK BS1 午後5:00~6:50(録画)

スイス×コスタリカ
6月27日(水)
フジテレビ系 深夜2:40~翌午前5:10(生中継)
6月28日(木)
NHK BS1 深夜0:50~2:30(録画)

セルビア×ブラジル
6月27日(水)
NHK総合 深夜2:45~翌午前5:00(生中継)
6月28日(木)
NHK BS1 午後8:00~9:50(録画)

※都合により放送時間が変更になる場合があります。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP