ディーン・フジオカが心境を告白。「モンテ・クリスト伯」がクランクアップ

ニュース
キーワード

 フジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」が、6月14日(木曜午後9:00)に最終回を迎える。その放送目前に、主演のディーン・フジオカらキャスト陣がクランクアップを迎えた。同ドラマは、幸せの絶頂から一転、冤罪(えんざい)を着せられ投獄生活を送っていた主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が、15年間の時を経て、投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐(ふくしゅう)を果たす物語。

 クランクアップを迎えてスタッフから花束を受け取ったディーンは、「最初に『暖から真海にキャラクターが生まれ変わる』と聞いた時に、大丈夫かな?と不安な気持ちもありました。15年間の空白を経て戻ってきた時に、周りがどれだけ覚えていないものだろうかとか…」と心配していたことを明かすも、「役作りの過程で、僕自身も振り返ると日本に住んでいなかった期間があるので、暖の15年間の重みみたいなものを実感できて真海というキャラクターの血となり肉とすることができました。真海とシンクロしていく日々が有意義で。すてきな役に出合えたことを心から感謝しております」と笑顔を浮かべた。

 元婚約者・南条すみれ役の山本美月は、「まだ終わった気がしなくて、明日からも来てしまうような感じです。母親役など初めての経験をさせていただいて…すみれの心もすごく揺れ動くので、役作りに悩まされたんですけど、無事にクランクアップすることができました」と報告。神楽清役の新井浩文は「いつかまた会えるように頑張りたいです」と名残惜しい様子。南条幸男役の大倉忠義は「いい役を頂いて、本当にありがとうございました。3カ月間、お世話になりました」と感謝した。入間公平役の高橋克典は「周りを見回しながら、回を追うごとに役作りを探っていく作業が非常に楽しかったです。では、また!」と、爽やかにクランクアップを迎えた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP