生田斗真&瑛太が大学でサプライズ授業。学生100人と“友情”について白熱討論!

ニュース
キーワード

 5月25日に全国公開される映画「友罪」に主演する生田斗真と瑛太が、明治大学の特別授業にサプライズで登壇。作品の内容に関わる「少年犯罪」を学ぶ大学生約100人と、罪を犯した友や家族との向き合い方、友情についてなど、本作が投げ掛ける問いに対してディスカッションを交わした。

 さっそうと登場した2人と瀬々敬久監督の姿に、特別授業としてか聞いていなかった学生たちは一同あぜん。そんな彼らを見て生田は、「こうして学生の方々とディスカッションすることはなかなかしてこなかった経験なので、不慣れなところもあると思いますが、少しでも皆さんと楽しい話ができたら」と笑顔であいさつをすると、続く瑛太も「皆さんに映画を見てもらえたことはうれしいです。ちなみに今日、斗真と衣装がかぶっちゃったのは特に狙いはないですからね(笑)」と笑わせ、会場を和ませた。

 今回の授業の講師でもある明治大学文学部文芸メディア専攻・伊藤氏貴准教授をして、「ドンッと苦しい気持ちになった。登場人物が今後どんな人生を歩んで行くのかを考えさせられた作品」と評された本作が描くのは、かつて世間を震撼(しんかん)させた事件を起こした少年Aのその後と、周囲の人々の葛藤の物語だ。ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始めた益田純一(生田)は、同じ工場に勤務する鈴木秀人(瑛太)と友情を育んでいく中で、鈴木が過去に日本中を驚愕(きょうがく)させた凶悪事件の犯人だったことを知り、同時に益田自身が過去に犯した罪と向き合っていくヒューマンサスペンスとなっている。生田、瑛太のほかに佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子らが出演。原作は神戸連続児童殺人事件をモチーフにした薬丸岳氏の同名小説。

 鈴木との友情関係に葛藤する元週刊誌のジャーナリスト・益田を演じた生田は、「演じる上でかなりの覚悟を感じた」と言い、「僕自身も映画化決定前から原作は拝読していて、どういった形であれ映像作品として残すべき題材だと感じていました。お話を頂いた時は『ついにやるのか!』という気持ちになりました」と述懐。対する“少年A”である鈴木役の瑛太も、「映画を通して、見てくれた方に“何を与えたいのか”についてはすごく疑問がありました」と語り、「作品のモデルとなった少年Aの手記も読んで、いろいろと感じる中で、どこか事件の背景を全否定できない自分がいました。どんな人間でもそうした想像を超えた衝動があるのでは、と。演じる上では、どんな役でも愛して演じていきたいので、鈴木に自分の思いを重ねていきました」と難解な役作りへのアプローチを明かした。

 イベントの中盤では、学生たちとの質疑応答もあり、「もしも友達が重大な罪を犯していたと知ったら、友達を続けるか」という問いに、生田は「一度2人の間で友情が芽生えたのであれば、関係を続けたいというのが本音だと思うけれど、少し奇麗事のような気もするし、難しいですよね」と答え、瑛太も「その友達と向き合うことはするかもしれないけど、警戒心が生まれてしまうのも確か」と率直な心境を語った。

 さらに、映画の後半で益田が咆哮(ほうこう)するシーンに胸を打たれたという学生からの感想を聞き、生田は「台本では、『泣き叫ぶ』というト書きはなかったのですが、監督が『獣のような慟哭(どうこく)をするのはどうか』とおっしゃって、あのシーンが生まれました。友達を助けられなかった益田の後悔と無念があの叫びになったと思います」と映画史上に残るラストシーンの秘話が披露された。

 続いて、就職活動中という学生から「俳優で生きていこうと決めたきっかけ」について問われると、生田は「SMAPが好きな母親が履歴書を事務所に送ったのがきっかけ」で芸能界に入ったことを明かし、「当時は部活の延長みたいな感覚で楽しいなと活動を続けていましたが、高校生の時に、大学進学かこの仕事を続けていくか岐路に立ち、本当にやりたい仕事である確信が欲しかった時に演劇に出合いました。そこで楽しそうに作品を作り、人を感動させている先輩たちを目にして感銘を受けました」と告白。瑛太も「俳優という仕事はすごく中毒性があり、休日もなぜか現場にいないと落ち着かない。一番好きな場所、楽しい時間は現場で演じている時かなと思います」と役者としての熱い思いを口にした。

 後半には2人から学生に向けた質問会が行われ、「斗真と瑛太とどっちが好きですか?」と瑛太が質問すると、会場は爆笑。「瑛太さんの方がエロいと思うので好き」などと、瑛太派が多い場内に勝ち誇った様子の瑛太が、「斗真、ごめんな(笑)」と笑顔を見せると、生田も負けじと「生田派の意見も聞きたい!」と応戦。「映画『脳男』を見て、演技の振れ幅がすごいなと感じた。あと、やっぱり顔がかっこいいです!」という声が上がると、照れ笑いを浮かべながら、「これからもよろしくお願いします!」とお辞儀をし、場内はさらに盛り上がった。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP