綾野剛が「現状維持は後退である」を胸に大人気小説「ハゲタカ」主人公に挑戦!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系では7月クールに綾野剛主演の「ハゲタカ」(木曜午後9:00、開始日未定)を放送することが分かった。原作は真山仁氏による同名小説で、2004年の刊行以来、累計230万部突破という大ヒット作。バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた主人公・鷲津政彦。鷲津は“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や、経営不振の名門企業へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく。「買収のスペシャリスト」として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にして闘いに挑む圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをも虜(とりこ)にした。

 これまでにもドラマ化や映画化されてきた同作だが、今作では18年を生きる鷲津が、何を見て、何を思い、どんな行動に打って出るのか、誰もが知りたかった鷲津の“現在”を原作者・真山氏が今回のドラマ化のために書き下ろした原案を基に描いていく。「平成」と共に生きた鷲津の軌跡をスピード感を持ってダイナミックに描き、原作小説「ハゲタカ」「ハゲタカⅡ」での壮絶な企業買収の物語に加え、ドラマオリジナルとなるエピソードが登場。“利益相反”と“忖度(そんたく)”で腐りきってしまった企業の上層部をたたき、会社をよみがえらせる、新たな“スペシャリスト”の闘いに期待が高まる。主人公・鷲津を演じる綾野は、ドラマ「コウノドリ」(TBS系)で心優しい産婦人科医を演じたが、今作では一転してダークヒーローに挑む。買収劇においては誰よりもシビアなスペシャリストとして、血も涙もない決断を下していく一方で、周囲を引きつけてやまないカリスマ性を持ち併せる主人公をどのように演じるのか楽しみだ。

 綾野は「過去最大の難関に立ち向かおうとしています。一筋縄ではいかないハゲタカに挑むのですから。いつからか、自身を愛せず、自身に落胆し、自身を否定する時代に、いつだって人生の選択は待ってくれない。この作品が皆さまにとって、明日への活力、生きる希望へとつながるよう、チームハゲタカは和泉聖治監督、スタッフ、キャストと共に挑戦し続け『現状維持は後退である』を信念に、最後まで攻めの姿勢で戦い抜きます。難関は越えるためにある」と意気込みをあらわにしている。

 真山氏は「平成の30年が終わろうとしている。拙著『ハゲタカ』は、平成という時代の申し子のように、苦悩の時代を描くことになった。バブル経済崩壊のトリガーとなった89(平成元)年から、日本社会の崩壊は始まり、今なお立ち直れずにいる。われわれはそれを止めるすべを見つけられず、未曽有の混沌(こんとん)と絶望の渦の中で、耐えるしかなかった。それでもわれわれは、『自分たちが幸せになるために何が必要なのか』を考え続けた。カネか、愛か、安定か、それとも未来への希望か…。『ハゲタカ』の登場人物たちは、日本人の誇りの復活を叫び、希望を追い求めた。その葛藤の記録が、映像化される。それは、平成時代を締めくくるための必然なのだ」と話している。

 同局の中川慎子プロデューサーは「組織への忠誠、上司への忖度、理不尽な犠牲…と、日本のサラリーマンたちがなかなか突き破れないガラスの壁をおかまいなしにたたき割り、『企業買収』という形で組織に風穴をあけていく鷲津は、まさに『平成』の生きる伝説です。そんな伝説の男を18年の夏、生き抜いてくださるのはテレビ朝日連続ドラマ初主演となる綾野剛さん。ご自身の『情熱』と『覚悟』を鷲津に灯し、平成と闘う男を20年の時間軸で演じてくださいます。今回は真山先生の全面的なご支援の下、18年の鷲津の姿も描いていきます。ダイナミックで痛快な木曜の夜をお約束します」と、今作の魅力をアピールした。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP