佐久間由衣が坂口健太郎主演ドラマ「シグナル」で薬物依存の女性役

ニュース
キーワード

 坂口健太郎主演のフジテレビ系連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の4月17日放送・第2話に、佐久間由衣がゲスト出演する。本作は、韓国で大ヒットしたドラマの日本版。独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官・三枝健人(坂口)が、時空を超えた無線機を手に入れたことから、過去に起こった長期未解決事件を解決していく姿を描く。佐久間が演じるのは、過去に手を出した薬物から抜け出せなくなっている、北野みどり。ショートカットの黒髪で、ナチュラルメークのイメージが強い佐久間だが、そのトレードマークを今回の役では封印。胸あたりまでの長い茶髪に、ギャルメークをして、これまでのイメージをがらりと覆すような役に挑む。

 佐久間は「とても真っすぐな女の子」と役柄を分析した上で、「それ故に危なっかしいところがあり、演じていても喜怒哀楽を素直に感じながら、初日から楽しんでお芝居させてもらいました」と回想。自らのトレードマークを封印したことについては、「普段の自分の容姿とは変えているので、みどり役に挑戦できたのはありがたい経験でした」と、新境地を実感している。ドラマについては、「過去と現在がつながったことで、それぞれが変わっていってしまう切なさを、出演者として体感させてもらいつつ、自分自身も考えさせられました。ぜひ、最初から最後までしっかりと見ていただきたいです」とアピールしている。

 第2話では、犯人は女だと断言する健人が、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)と共に、逮捕に向けて捜査を再開する。すると、看護師の吉本圭子(長谷川京子)が捜査線上に浮上し、その風貌から、健人は彼女こそが真犯人だと確信するが、なかなか口を割らない。やがて日本で時効の撤廃が決まり、警視庁内には長期未解決事件捜査班が発足。美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。一方、健人は女児誘拐事件の後、一度だけ無線機で大山剛志(北村一輝)と交信していた。「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す大山。8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、プロファイラーとして長期未解決事件捜査班に配属され、過去の連続女性殺人事件と対峙(たいじ)することになる。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

ドラマ25「宮本から君へ」池松壮亮
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

連続ドラマJ「噂の女」中村俊介
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

PAGE TOP