AKB48・横山由依初主演ドラマは「はんなりギロリの頼子さん」。中尾暢樹らと共演

ニュース
キーワード

 関西テレビでは4月24日から、AKB48・横山由依主演の連続ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」(火曜深夜1:25、関西ローカル)をスタートさせる。同作は、あさのゆきこ氏の同名コミックをベースに、新たなエピソードと新たな登場人物を加えてオリジナルドラマ化。世界遺産から徒歩2分に位置する京都のたばこ店を舞台に、よそさん(=京都人以外)が嫌いで意地悪だが実は不器用で心優しい根っからの京都人・新堂頼子を通して、京都の名所や京都の文化・習慣を紹介していく。

 横山が頼子に扮(ふん)するほか、京都に転勤してきた雑誌編集者・山田優一を中尾暢樹、頼子の幼なじみの息子・池上俊介を岡田篤哉、頼子の幼なじみ・池上順子を土村芳が演じる。放送を記念して、ドラマと原作漫画単行本のコラボ帯企画も実現。単行本とほぼ同じ上下幅の帯に、実写化した横山バージョンの“頼子さん”を融合させ、ドラマと原作漫画の世界を結び付けている。また、京都出身バンド・Qyotoによる書き下ろし新曲「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」」が主題歌に決定した。

 連ドラ初主演の横山は、クランクアップ時には、「皆さんが現場で明るく優しくしてくださったので、無事にやりきることができました。この撮影の10日間は本当にめちゃめちゃ楽しかったので、これからももっともっと頑張って、もっともっと売れて、また皆さまとお仕事できるように頑張ります」と宣言。また、中尾も「皆さん温かい人で、またこのスタッフとキャストと一緒に仕事をしたいなと思います。またご一緒できるよう、これから頑張ってもっともっと有名になります!」と目標を掲げた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP