ナイツ・塙、オトコ40歳の抱負は「女子力を磨く」?

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で4月12日にスタートする「警視庁・捜査一課長」(木曜午後8:00)で、レギュラーメンバー入りを果たしたナイツ・塙宣之が、先日40歳を迎え、撮影現場でバースデーサプライズの祝福を受けた。

 ヒラ刑事からはい上がったたたき上げの捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)の側近中の側近で、“運転担当刑事”である奥野親道(塙)は、妻の死後、子育てのためにしばらく事務職に移り、再び第一線に戻ってきた異色の刑事で、あだ名は“ブランク”。長年の主夫経験から得た生活の知恵や女子力(!)を駆使して、捜査に奔走する。塙にとって、本格的なミステリードラマに挑戦するのは初めてだ。

 誕生日である3月27日、都内某所のロケ現場に塙が到着したところで、突如「塙さん、お誕生日おめでとうございます!」と、スタッフの大きな掛け声が! その合図で「ハッピーバースデー」の歌とともに、花束とケーキが贈呈され、塙は思いもよらないサプライズにびっくりした様子。恐縮しながらろうそくの炎を吹き消すと、内藤、安達祐実、金田明夫、矢野浩二、鈴木杏樹、菊池隆志ら共演者やスタッフから、「おめでとう!」「サヨナラ、30代!」という祝福の声と大拍手が沸き上がった。

 さらに、40歳という節目の年ということで、塙はスタッフから”オトコ40歳の抱負”を書くよう色紙を渡され、戸惑いながらも「女子力を磨く!」と力強く書いた。女子力は、奥野刑事の武器の一つ。役を演じきる決意表明のような力強い一筆を見て、内藤も「イイねぇ!」と絶賛。「実は、今の塙さんと同じく40歳になった頃、僕はちょうど『家なき子』(日本テレビ系)で祐実ちゃんと共演していたんだよね」と不思議な縁を明かし、最後は満開の桜の木の下で記念撮影が行われた。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP