新川優愛主演「いつまでも白い羽根」に酒井美紀、瀬戸利樹らが出演。柳沢慎吾は「放送を見ていい夢見て! あばよ!!」

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で4月7日からスタートする新川優愛主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に、酒井美紀、瀬戸利樹、清原翔、柳沢慎吾、榊原郁恵が出演することが分かった。同作は、作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、看護学校に通う木崎瑠美(新川)が、共に学ぶ山田千夏(伊藤沙莉)たちや患者との交流によって、成長していく姿を描く。

 瑠美の同級生・佐伯典子を酒井、千夏が思いを寄せる日野瞬也を瀬戸、瑠美が恋する小児科医の菱川拓海を清原が演じる。また、千夏の父親・健司役を柳沢、瑠美の母親・智子役を榊原が務める。学生役の酒井は「今回、主婦であり子育て真っ最中でありながら、看護学校へ通う佐伯を演じさせていただきます。この年齢で学生役をすることに、とてもワクワクしています。人生は、決断の連続。厳しい現実と向き合い、生きるために苦悩し決断をしていく彼女の姿は、たくさんの方に共感していただける部分だと思っています。皆さんの心に響くすてきな作品になるように、頑張ります」と気合十分。

 瀬戸は「大切な人への真っすぐな思いや、幼なじみとの甘酸っぱい関係など、見ている皆さんに共感していただける作品になるよう、誠心誠意頑張ります」、清原は「今回の役は自分ととても近いと思っているので、皆さんに、より身近に感じていただけるよう、真摯(しんし)に向き合いたいと思っています」と語る。

 柳沢は「若者が進路や人生に悩み、戸惑いながら、大人への一歩を歩み始めるドラマですので、共感していただけるドラマだと思います。放送を見て、いい夢見てください! あばよ!!」と、おなじみの決めぜりふを交えて期待をあおる。榊原も「いろいろと始まることが多い4月にスタートするこのドラマを見てくださる方々に、人として大人として、何かを感じていただけるようなものがお届けできたらと思います」とアピールした。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP