長崎・佐世保が舞台の映画「坂道のアポロン」は3月10日公開!

博多ニュース

 長崎県佐世保市出身の漫画家・小玉ユキ氏原作で、同じく佐世保を舞台とした映画「坂道のアポロン」が3月10日に全国公開される。同作の制作に当たって、昨年4月下旬から6月中旬にかけて、佐世保市内をはじめ、大分県豊後高田市、福岡県柳川市でのオール九州ロケが敢行された。メガホンを取ったのは、これまで「アオハライド」「くちびるに歌を」において長崎で撮影した実績のある三木孝浩監督。主演はHey! Say! JUMP・知念侑李。中川大志、小松菜奈らが共演する。また、映画の公開を記念した特番の放送も決定している。

 インターネットTVガイドの「博多ニュース」では、今後、同作の公開に合わせて作品の舞台となった佐世保市のロケ地を巡り、“聖地巡礼”的に映画の見どころや舞台裏、撮影地にまつわるエピソードを紹介していく。

【映画「坂道のアポロン」公開記念特別番組放送スケジュール(九州圏域)】
福岡     テレビ西日本  3月11日 深夜2:50~
大分     テレビ大分  3月9日 深夜2:10~
熊本     熊本県民テレビ  3月3日 深夜1:30~
宮崎     テレビ宮崎  3月8日 深夜1:54~
長崎     テレビ長崎  3月3日 午後3:25~
鹿児島    鹿児島放送  3月6日 深夜2:45~
沖縄     琉球放送  3月9日 深夜0:55~
【あらすじ】
医師として病院に勤める西見薫(知念侑李)。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る3人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真…あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕千太郎(中川大志)と、運命的な出会いを果たす。2人は音楽でつながれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は引かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎律子(小松菜奈)と3人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の思い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、2人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――。
【公開情報】
「坂道のアポロン」
3月10日(土)全国ロードショー

出演:知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、山下容莉枝、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、野間口徹、中村梅雀、ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉
原作:小玉ユキ『坂道のアポロン』(小学館『月刊flowers』FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
<公式サイト>http://www.apollon-movie.com/
キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP