長谷川純がピアニスト役に初挑戦。越路吹雪の最愛の夫を熱演!!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で好評を博している帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(月~金曜午後0:30)。越路吹雪(瀧本美織)が寄り添い続けた最愛の夫・内藤法美(ないとうつねみ)の青年期役に、長谷川純が決まった。同ドラマは、昭和の歌姫・越路(本名・河野美保子、愛称・コーちゃん)がたどった波瀾(はらん)万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子(木南晴夏)との濃密な友情を描いている。現在劇中では、越路が宝塚歌劇団のスターとして花開いたばかりだが、その後、新たな世界を求めて宝塚を退団。映画、ミュージカル、リサイタルなどで活躍する国民的大スターに成長していき、いくつかの恋を経て、内藤と運命の出会いを果たし、結ばれることになる。

 長谷川が演じる内藤は、作曲家、編曲家、ピアニストとして活躍した音楽家で、ラテンバンド「東京キューバン・ボーイズ」時代に越路と出会って、1959年に結婚。彼女が80年に他界するまで、リサイタルの構成や編曲、指揮などを手掛け、マネジャーとなった岩谷と共に越路を支え続けた人物だ。内藤の才能にほれ込んだ越路からの猛アタックを受け、彼女の編曲、演奏を手掛けるようになる。長谷川は結婚前の2人がいつしか恋に落ちていくさまを、繊細な演技で表現していく。

 「渡る世間は鬼ばかり」シリーズ(TBS系)をはじめ、ドラマ、映画、舞台など数々の作品で演技力を発揮し高い評価を受けている長谷川は、今回の出演について「最終的には越路吹雪さんの旦那さんになるわけですが、自分は恋人時代の内藤法美さんを演じさせていただいたので、“越路吹雪さんへのピュアで真っすぐな気持ち”と、ステージ上から離れた“プライベートの時の河野美保子さん”という魅力的な女性と会った際に生じる、リアルな等身大の心の機微を大切にしながら撮影に臨みました」と、真摯(しんし)に役柄に向かったことを告白。

 ピアノの演奏シーンについては、「初めてのピアノ経験で、しかも曲がエディット・ピアフで知られる『愛の讃歌』だったので、そこはかなりシビレました(笑)。でも、おかげでピアノという素晴らしい楽器に出合うことができたので、これからもピアノを続けていこうかなと思っています」と、ピアノに夢中になったことを明かした。恋人となる越路役の瀧本については、「心から音楽を愛し、歌うことが大好きな“越路吹雪オーラ”を全身にまとっている瀧本美織さんは、いつもそばで見ていてとてもまぶしく、キラキラと輝いていました。ステージでは本当に大輪のバラが咲き誇ったかのような姿で、思わず息をのむ美しさでした!」と大絶賛。長谷川の登場は、第8週の2月27日から。長谷川の熱演と、2人の“運命の恋”がどのように描かれるのか、今後の展開が楽しみだ。

キーワード

関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP