佐々木希が「アラサー世代なら誰もが共感する」とアピール。仕事も恋も失い、幸せを探す女性役に挑戦

ニュース
キーワード

 NHK総合では4月20日から、佐々木希が主演する連続ドラマ「デイジー・ラック」(金曜午後10:00)がスタートする。海野つなみ氏の同名漫画を原作に、30歳の女性4人の幸せ探しを描くストーリーで、主人公のパン職人・楓を演じる佐々木は、「『私には何もない!』という、どん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました」と同世代として共感する役柄であることをアピールしている。

 ドラマは、子どもの頃に「ひなぎく会」を結成していた楓(佐々木)と薫(夏菜)、ミチル(中川翔子)、えみ(徳永えり)の4人が、えみの結婚式で久しぶりに再会するストーリー。しかし、楓は式の当日に勤務先の会社が倒産し、恋人からもふられ、30歳目前で仕事も恋も失ってしまい、子どもの頃の夢だったパン職人の道を目指そうとする。また、高級エステサロンの仕事に打ち込む薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常にも波乱の展開が待ち構えていた。

 佐々木は「幼なじみ4人のアラサー女性が、恋や仕事、生きることにもがきながら、どう成長していくのか、私自身も楽しみです。皆さまに共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています」と意気込みを明かす。また、原作の海野氏は、「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されてうれしいです。結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います」と喜びを明かしている。海野氏の作品がドラマ化されるのは、2016年にTBS系で放送された「逃げるは恥だが役に立つ」に続き、2作目となる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP