“スマイルジャパン”発進。髙木美帆らスピード女子3000m、小林潤志郎らジャンプ男子も見逃せない!

ニュース
キーワード

 開会式から一夜明け、競技が本格化。メダルを懸けた戦いも次々と行われる。

 まず注目したいのは、午前10時から行われるスノーボード男子スロープスタイルの予選。前回ソチ大会から採用された競技で、ジブと呼ばれるレールやボックス、形状の異なる複数のキッカー(ジャンプ台)などのアイテムが設置されたコースを、アイテムを自身で選択して演技しながら滑走する。全体の印象、技の難易度、高さ、完成度などが採点され、順位が決まる。予選は2回滑走し、高い得点が採用。上位12人が決勝へ進出する。日本からは國武大晃、大久保勇利が出場。2002年2月10日生まれで日本選手団最年少となる國武は、17年全日本選手権で優勝し、1月に行われた今季W杯第2戦で自己最高の2位に入るなど上り調子。16歳になる日に、会心の滑りで決勝進出を決めてほしいもの。17歳の大久保も今季W杯第2戦で6位とまずまずの成績を残しており、決勝進出が期待される。

 アイスホッケーは女子の予選リーグがスタートする。出場は8チーム。世界ランク1~4位からなるA組と、5位と最終予選を突破した2チームおよびコリア(開催国韓国と北朝鮮の合同チーム)からなるB組に分かれ、それぞれ総当たり戦を実施。A組1、2位は準決勝へ進み、3、4位はB組1、2位と準々決勝を戦う。B組の3、4位は準々決勝の敗者2チームと5~8位決定予備戦を行い、その勝者は5、6位決定戦、敗者は7、8位決定戦へ回る。

 予選リーグは第1試合に日本代表”スマイルジャパン”が登場し、スウェーデンと対戦する。世界ランク9位の日本に対し、スウェーデンは5位と格上の相手。だが日本は厳しいトレーニングで運動量を向上させ、相手陣内から厳しくチェックする守備と、パックを奪って速攻につなげる戦術を磨いた。今回の相手スウェーデンとは昨年12月に対戦し、延長の末、1-2で敗れたものの、チャンスを作る場面は多かった。徹底したチェックと、15年世界選手権の最優秀GKに選ばれた藤本那菜の堅守で失点を防ぎ、エース・久保英恵の決定力で得点チャンスをものにしたいところ。五輪には過去2大会出場し、全敗。悲願の初勝利を挙げ、準々決勝への道を切り開きたい。

 ショートトラックは男子1500mの予選から決勝まで、女子500m予選、女子3000mリレーの予選が行われる。特に注目したいのが女子3000mリレー予選。4チームずつ2組に分かれて行い、各組上位2チームがA決勝(メダル決定戦)に進む。昨季世界選手権3位の日本はメダルを目標に定めつつ、まず予選2位以内を目指す。代表は伊藤亜由子、菊池悠希、菊池純礼、斎藤仁美、神長汐音。このうち4人がリレーに出場する。3大会連続出場の伊藤、初出場ながらエース格の菊池純がチームを引っ張る。選手交代は最後の2周を1人で滑ること以外は自由。スムーズで効率的な交代を続けられるかが勝負を分ける。

 スピードスケートは女子3000mの決勝が行われる。日本からは、髙木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃が出場。髙木は、今季W杯1500mで圧倒的な強さを発揮しているが、3000mでも初優勝を飾り、その際にマークした日本新記録は、前回ソチ大会の優勝タイムを上回るハイレベルのものだった。今季W杯で好調のイバニー・ブロンディン(カナダ)、マルティナ・サブリコワ(チェコ)らライバルは多いが、メダルは射程圏内であり、その色が「金」になる可能性も十分ある。

 クロスカントリー女子15kmスキーアスロンの石田正子、バイアスロン女子 7.5kmスプリントの立崎芙由子にも注目。石田は今大会と同じ会場で行われた昨季W杯で 3位、立崎は1月末の欧州選手権の同種目で3位に入った。それぞれ上位進出が期待される。

 ラストを飾るのは、午後9時35分に始まるジャン男子ノーマルヒル決勝。今季W杯総合首位で、一昨日行われた予選を2位で通過したカミル・ストッフ(ポーランド)、予選トップのアンドレアス・ベリンガー(ドイツ)らがメダル争いの軸になりそう。日本勢は伊東大貴、小林陵有、葛西紀明、小林潤志郎が出場する。 4人とも予選は通過したものの、順位は小林潤志郎の18位が最高と、いまひとつの成績だった。順位を上げ、メダル争いに割って入るためには、どう追い風に対応するかがポイントになりそう。平昌のジャンプ台は風が強く、風向きも変わりやすいというのが前評判だったが、予選が行われた夜の時間帯は、一貫して追い風が吹いていた。決勝でも同じような条件になる可能性が高い。揚力が得られない追い風のなかでいかに空中姿勢を保ち、飛距離を伸ばすか。今季W杯開幕戦で優勝し、総合8位にランクされている小林潤志郎の勢い、“レジェンド”葛西の経験に裏打ちされた対応力に期待したい。

【2月10日 放送スケジュール】
開会式 
テレビ朝日系 
午前8:00~10:00(録画) 

開会式 
NHK BS1 
午前9:00~11:00(録画) 

スノーボード「男子スロープスタイル・予選」 
NHK総合 
午前9:50~11:54(生中継) 

フリースタイルスキー「男女モーグル・予選」 
BS‐TBS 
午前10:00~午後0:00(録画) 

フィギュアスケート「団体」 
BSフジ 
午後0:00~2:00(録画) 

スノーボード「男子スロープスタイル・予選」 
NHK総合 
午後0:15~0:45(生中継) 

スノーボード「男子スロープスタイル・予選」 
NHK総合 
午後1:05~2:30(生中継) 

開会式 
BS朝日 
午後2:00~3:54(録画) 

フリースタイルスキー「男女モーグル・予選」 
NHK総合 
午後4:00~4:30(録画) 

クロスカントリー「女子15kmスキーアスロン」 
NHK BS1(生中継) 
午後4:00~5:15 

アイスホッケー女子・予選「日本×スウェーデン」 
NHK総合 
午後4:30~6:45(生中継) 

アイスホッケー女子・予選「日本×スウェーデン」 
TBS系 
午後4:30~7:00(生中継) 

ジャンプ「男子ノーマルヒル・予選」 
NHK BS1 
午後5:15~6:40(録画) 

ショートトラック「男子1500m・決勝」「女子500m・予選」「女子3000mリレー・予選」 
NHK BS1 
午後6:50~9:50(生中継) 

ショートトラック「男子1500m・予選/準決勝/決勝」「女子500m・予選」「女子3000mリレー・予選」 
日本テレビ系 
午後6:55~9:54(生中継) 

クロスカントリー「女子15kmスキーアスロン」 
NHK総合 
午後7:30~7:50(録画) 

スピードスケート「女子3000m」 
NHK総合 
午後7:50~9:30(生中継) 

スピードスケート「女子3000m」 
NHK Eテレ 
午後9:30~9:50(生中継) 

ジャンプ「男子ノーマルヒル・決勝」 
NHK総合 
午後9:30~11:20(生中継) 

アイスホッケー女子・予選「スイス×コリア(韓国・北朝鮮合同チーム)」 
NHK BS1 
午後9:50~11:30(生中継) 

スピードスケート「女子3000m」 
ジャンプ「男子ノーマルヒル・決勝」 
NHK BS1
午後11:40~深夜3:00(録画)
キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP