山﨑賢人が失踪中の父の行方と沈没事故の謎を追って香港を疾走! 毎話、衝撃的な展開を見せる「トドメの接吻」第6話

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「トドメの接吻」(日曜午後10:30)の2月11日放送回・第6話では、山﨑賢人演じる堂島旺太郎が、失踪中の父の行方と沈没事故の謎を追い、香港を疾走する。このシーンを撮影するため、今回、海外ロケが敢行された。同作は、過去の“ある事件”をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う、ホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホスト・堂島旺太郎を主人公とした“邪道ラブストーリー”。

 “キス女”(門脇麦)の正体や、旺太郎のかわいい後輩・小山内和馬(志尊淳)の裏切りなど、毎話、衝撃的な展開を見せる同作。また、これまで“完璧紳士”と思われていた並樹尊氏(新田真剣佑)が、12年前に起きた豪華客船「プロメテウス」沈没事故の真犯人だと判明。さらに、そのことを知る養父・尊(山田明郷)を尊氏は見殺しにしていた。そして、この沈没事故の犯人とされていた旺太郎の父で、現在失踪中の旺(光石研)が、“香港にいる”という情報をつかんだ旺太郎は、沈没事故の真相を究明するため、香港に向かう。

 今回、ロケが行われたのは、香港のプロムナード。同ドラマは、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイの六つの国と地域で同時放送されていることもあり、行き交う観光客は、突然の山﨑賢人の登場に驚きながらも、真剣なその姿に息をのむように見守っていたという。なお、作中、旺太郎が香港の人に怒鳴られるシーンがあるが、監督の熱血指導で芝居に熱が入り、怒鳴られた旺太郎のリアクションも見どころの一つとなっている。

 父を捜しに香港の海運会社を訪ねた旺太郎は、はたして、香港で父に会うことができるのか、沈没事故の真相は解明するのか? ラストでは、ドメキス始まって以来のビッグインパクトが起きる!? 第6話も見逃せない。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」千葉雄大
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」恒松祐里
サイン入りポラを2名様にプレゼント!

PAGE TOP