乃木坂46・西野七瀬「われながらアイちゃんがかわいい」、野村周平「原作を超えている」と絶賛のドラマ「電影少女」

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で1月13日からスタートする土曜ドラマ24「電影少女‐VIDEO GIRL AI 2018‐」(土曜深夜0:20)の制作発表記者会見が同局本社で行われ、ダブル主演の乃木坂46・西野七瀬、野村周平、共演の飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋が登壇した。

 同ドラマは桂正和氏の名作漫画「電影少女」の、25年後の世界を舞台としたSF恋愛作品。野村演じる弄内翔は、原作の主人公・弄内洋太の甥。古いビデオテープを再生したことでテレビ画面から飛び出してくる“ビデオガール”の天野アイを西野が演じ、現代によみがえった“ビデオガール”と翔の不思議な同居生活を描く。

 ボーイッシュで活発なヒロイン・アイとは真逆で、自身は人見知りだと明かした西野は、「声の大きさから性格まで全然違うんですが、(野村)周平くんの声が大きくて、自然と引っ張ってもらいました」と語ると、野村も「アイちゃんがテンションが上がるシーンがあるんですが、その前にお手本を見せたり、あやしたりしていました(笑)」と返した。

 高校生の弄内翔を演じる野村は、「なぁたん(西野)の見どころしかないです。僕らは引き立て役みたいな。1カ月そのためだけに生きてきたので。アイちゃんがかわいく映っていればいいです。今回の作品は原作の25年後の世界で、僕たちはその世界の人間なんです。なので、原作通りのキャラクターがアイちゃんだけなんですよ。そして、なぁたんのアイちゃんのかわいさは原作を超えていると思います」と西野のアイ役を絶賛。

 終始恐縮しきりだった西野も、「第3話までを見たのですが、われながらアイちゃんがかわいいなと。ちゃんと原作通りかわいらしい存在としてドラマの中で生きていたので、いい作品になっていると思います」と笑顔を見せた。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP