YOSHIKIがマツコ・デラックスと初共演!ドラムパフォーマンスの知られざる真実やToshIとHIDEへの思いを明かす

ニュース
キーワード

 1月9日にTBS系で放送の「マツコの知らない世界SP」(火曜午後8:57)に、ビジュアル系バンド・X JAPANのリーダーYOSHIKIが出演し、現在、ドクターストップがかかっている過激なドラムパフォーマンスの知られざる真実や、彼とメンバーのToshIをつないでいたという、今は亡きHIDEへの思いを告白する。

 同番組は、MCのマツコがさまざまなジャンルからゲストを招き、“マツコの知らない世界”の魅力を語り合うバラエティーのスペシャル。2人は今回が初共演となり、YOSHIKIは自身の生い立ちや波瀾(はらん)万丈の人生を語り、その横顔にマツコが独特の視点で迫る。

 マツコは、X JAPANが2016年に「NHK紅白歌合戦」に出場した時のYOSHIKIのパフォーマンスを見て、その存在が気になっていたようで、「役者なのか? ドキュメントなのか? 分からないところがすごい」と初共演に期待を膨らませていた様子。

 番組では、YOSHIKIが「音楽を作るからには聴いてもらわなければ意味がない」という思いで、“ロック界のタブー”と言われる手段を選ばない行動をとっていることを明かすほか、2回の首の手術を経ても、やめようとしないドラムパフォーマンスへの熱い思いも告白する。さらに、「100年先にも残る曲を作りたい」という音楽哲学や、マツコをしびれさせた「紅白」ステージへの思いについても言及。そして、ベールに包まれていたToshIの洗脳事件やHIDEへの思いも、ファンの間で伝説として語り継がれる映像を交えながら赤裸々に語る。

 また、スタジオ中の人間を感涙させたYOSHIKIからのサプライズが見どころになるほか、マツコが気になる「デリバリーグルメの世界」「御三家和菓子の世界」も放送される。

キーワード
関連記事
PAGE TOP