遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら名脇役たちが出演した「バイプレイヤーズ」が帰ってくる!

ニュース
キーワード

 テレビ東京系では2月7日から、連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜午後9:54、初回のみ15分拡大)を放送開始する。午後9時54分からの放送なのに“朝ドラ”。しかも、冬なのに南の島でロケ。連続ドラマ史上、いまだかつてない挑戦が始まる。

 同作は、17年1月期のドラマ24枠で放送され話題を集めた、テラスハウスで共同生活をするおじさんたちの“ゆるシブ”コメディー。日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し、「東京ドラマアウォード2017」や「第33回ATPテレビグランプリ」の優秀賞を受賞した。2月から放送する新作でも、出演は前作に引き続き、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研が登場(寺島進はスケジュールの都合によりお休み)。また、紅一点ジャスミン役の北香那も、大杉の付き人として出演する。そのほか、豪華ゲストも出演予定となっている。

 バイプレイヤーズ(遠藤、大杉、田口、松重、光石)は、テレビ東京がスタートさせる朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった。しかし、なぜかロケ地を間違え無人島に漂流し、5人は南の島でのサバイバル生活を強いられることになる。一方、業界は5人の失踪劇で、深刻なバイプレイヤーズ不足になるのではと一騒動。そんな中、ドラマの撮影は初日を迎える…。朝ドラのクランクインと同時に始まった5人の無人島生活。果たして、バイプレイヤーズと朝ドラはどうなるのか?

 本作の出演に当たり、遠藤は、「前作が出来上がった時、俺が一番最初に完パケを見て、みんなに『面白い!』って言ったのを覚えています。で、今作の話が来た時、『前作を超えるの無理じゃない? でもやるんだ』と思いながら(撮影)初日、現場へ行ってみたら、『超えそう!』という感触を持ったんで、ぜひ見てください」と手応えを感じている様子。

 大杉は、「『日本のおじさんたち、結構捨てたもんじゃないよ』と。ただ渋いだけじゃなくて、 いろんな“ヒト”として生きてる姿みたいなものが、このドラマの中で散りばめられているような感じがしています」とおじさんの魅力をアピール。田口は、「またメンバーの皆さんと、そして視聴者の皆さんと再会することが出来て、もうミラクルのような幸せです」と喜びのコメントを寄せた。

 松重は、「また、皆で割り勘で酒が飲めるー。しかしテレ東、こんな面倒くさいおじさんたちに、よくまた招集かけたなぁと、拍手」と同局を称賛。 光石は「今作の話を聞いて、僕は率直にうれしかった。前作を超えるものになっていますので、ぜひ皆さん、乞うご期待!で楽しみに待っていてください」と作品をアピールした。

 一方、ヒロインの北も、「おじさまたちの、ゆるくてかわいくてシブいコメディーです。その魅力にぜひ、注目していただいて、そして私自身、前作よりも『よりなじんでいるかも』と感じているので、おじさまたちとの距離が近くなったジャスミンをぜひ見てください」と役柄について語った。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

ドラマ25「宮本から君へ」池松壮亮
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

連続ドラマJ「噂の女」中村俊介
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

PAGE TOP