木村拓哉主演ドラマ「BG」に永島敏行、宇梶剛士、満島真之介ら豪華共演者が続々決定!! 勝地涼&伊武雅刀も第1話に出演

ニュース
キーワード

 木村拓哉主演で2018年1月18日にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9:00)に登場する、さらなる豪華出演陣が決定した。木村が演じるのは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る“ボディーガード”。かつては敏腕のボディーガードだったが、6年前のある出来事がきっかけでその職を辞し、工事現場の警備員になっていた男・島崎章だ。ボディーガードの世界から姿を消していた章だが、自身が勤める警備会社で“身辺警護課”が新設され、そこで出会う仲間たちと共に自らを再生させていく過程が鮮烈に描かれていく。

 その警備会社「日ノ出警備保障」の社長・今関重信を演じるのが永島敏行。そして、章の息子・瞬(しゅん)役には、「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(フジテレビ系)でも木村と共演した田中奏生が決定。父である章との間に若干の距離がある思春期を迎えた中学生を演じる。

 また、民間警備会社のボディーガードと対極にいるのが公的組織である警視庁警備部警護課の“SP(セキュリティーポリス)”。武器を持たず、丸腰で警護対象者を守る章たちに対し、冷ややかな目を向けているSPたちをまとめる警視庁警備部警護課の係長・氷川修を宇梶剛士、その部下の清田春孝を阿部進之介が演じる。そして、章の過去に関わるキーマンで、6年前まで警護に付いていたプロサッカー選手の河野純也役には満島真之介が決定。6年前に純也と章の間にどんな出来事が起きたのかも物語の大きな鍵となりそうだ。

 さらに、第1話のゲスト出演者も明らかになった。章たち身辺警護課の最初の依頼主で警護対象者となる「サスケフーズ」会長・大久保佐助を伊武雅刀が、そして厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)と懇意にしている雑誌記者・犬飼悟を勝地涼が演じる。

 厚生労働大臣に送られた脅迫状。そして、その大臣がスターターとして出席するマラソン大会のスポンサーから警護を依頼された拳銃を持たない章たち民間のボディーガード。“官”であるSPと“民”であるボディーガードたちが対峙(たいじ)するマラソン会場で、それぞれの思いが交差する中、驚愕(きょうがく)の真実が明らかに。初回から息もつかせぬ展開が繰り広げられる。木村とのタッグで数々の大ヒット作を手掛けた井上由美子氏の完全オリジナル脚本による本作に期待が高まる。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」千葉雄大
サイン入りポラを1名様にプレゼント!

サイン入りポラをプレゼント!

「もみ消して冬」恒松祐里
サイン入りポラを2名様にプレゼント!

PAGE TOP