六角精児が謎の男を“怪演”!? サスペンスミステリー「リピート」に物語の鍵を握る重要なキャラで登場

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で2018年1月11日からスタートする連続ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)で、主演の貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリ(ガレッジセール)に続いて、六角精児の出演が発表された。

 同作は映画「イニシエーション・ラブ」などで知られるベストセラー作家・乾くるみ氏の同名小説「リピート」(文春文庫)が原作で、乾作品が初のドラマ化ということで早くも話題を呼んでいる。“リピート”と呼ばれるタイムスリップで10カ月前の過去に戻り、人生をやり直すチャンスを得た人々が、思いもよらない運命に巻き込まれるサスペンスミステリーで、リピートを通じて知り合った篠崎鮎美(貫地谷)、毛利圭介(本郷)、天童太郎(ゴリ)が次々と起こる驚きの出来事に翻弄(ほんろう)されながら、リピートの謎に迫っていく。

 六角が演じるのは、鮎美たち3人をはじめとした8人の男女をリピートにいざなう謎の男・風間。感情を表に出さず、何らかの意図を持って鮎美たちを導くが、何を考えているのかは誰にも分からない。風間は、なぜ鮎美たちをリピートに誘ったのか? 風間の目的がリピートの謎に大きく関わることに。物語の鍵を握る役に扮(ふん)する六角の“怪演”が物語を盛り上げる。

 今回、自身が演じる役どころについて六角は、「もし現実ならば行ったり来たりやりたい放題できる、夢のような役柄。いつものように自分にできることをしっかりやりたいと思います。徐々に謎がひもとかれていく話ですので、毎回先を楽しみにご覧いただければ幸いです」と意気込みを語るとともにアピールした。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP