瀬戸康史が「海月姫」で女装美男子・鯉淵蔵之介役! 「女子力を磨き続けています」

ニュース
キーワード

 瀬戸康史が、2018年1月にフジテレビ系でスタートする連続ドラマ「海月姫」(月曜午後9:00、開始日未定)で、芳根京子演じる主人公・倉下月海と引かれ合う、女装美男子・鯉淵蔵之介を演じることが分かった。同ドラマは、クラゲを愛し過ぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”である月海が、蔵之介との出会いを通して、新しい自分や生き方を見つけていくコメディー。月海は蔵之介とその弟と三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知っていく。

 瀬戸が演じる蔵之介は、ファッションセンスを極め過ぎて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。与党の最大派閥を率いる大物国会議員の鯉淵慶一郎と舞台女優の愛人との間にできた子で、政治家にするために鯉淵家に引き取られたというバックボーンを持つ。蔵之介は自由奔放な一方、周りには流されない確固とした信念を持ちながら、母の血を色濃く受け継いだ、女性のような端麗な顔立ちで、付き合った女性は数知れないプレーボーイ。そんな蔵之介が女装をするようになった理由は、物語が進むにつれて徐々に明らかになる。

 瀬戸は「女装男子・蔵之介が自分で大丈夫だろうか?という思いと、こんな役なかなかできる機会はない。演じたい!という二つの思いがありました。僕にとっては挑戦となる作品」と意気込みながら、「お話を頂いてから女子力を磨き続けています。そのおかげもあってか、今は女装をすることに、全く抵抗がありません。しかし、役者として当たり前のことなので、自分の顔にあったメークの仕方や立ち居振る舞い、毛の処理など…ベストを尽くして撮影に臨みます」と役作りに余念がない。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP