トレンディエンジェルたかし、「M-1」との二冠を狙い「R-1ぐらんぷり」エントリーも「知り合いのピン芸人にお金を渡してネタを作ってもらう」!?

ニュース
キーワード

 一人話芸日本一を決定するお笑いバトル「R-1ぐらんぷり」が2018年も開催されることになった。すでに参加表明した石出奈々子、おいでやす小田、オジンオズボーン篠宮、おばたのお兄さん、紺野ぶるま、トレンディエンジェルたかし、マツモトクラブ、三浦マイルド、メルヘン須長、ルシファー吉岡をはじめ、大会PR大使のアキラ100%、レイザーラモンRGが会見に出席した。なお、第16回となる今回は、12月26日から予選がスタート。決勝の模様は、来春にフジテレビ系で生放送され、優勝者には賞金500万円が贈られる。

 PR大使を務める前回優勝者のアキラは、「優勝以降は服を着る暇がないほど忙しかった。優勝した次の日からアルバイトを休んでお笑いの仕事をもらって、お笑いの月収は100倍近くグンと上がった。まさにジャパニーズ・ドリーム。一夜で人生が変わりました」と優勝後の変化を実感。「R-1ぐらんぷり2018」には、「ネタを作れていないし、裸を超えるには厚着をしなければいけないと思うので現状は考えていない」とエントリーしない意向を明かした。

 同大会に10年ぶりに参加し、「M-1グランプリ」と二冠を目指すたかしは、「10年ぶりのエントリーだけれど、ネタも考えたことがない」とぶっちゃけ、「知り合いのピン芸人にお金を渡してネタを作ってもらおうと思う」と他力本願ぶりで笑わせた。小栗旬ネタでブレーク中のおばたのお兄さんは、「小栗さん本人から『それ一本で大丈夫なの?』と心配されているので、自分の別の面も見せたい。手の内は明かせないけれど、去年1年間くらいかけて練ってきたネタもあるので、エントリーまでの1カ月間に精査して出していきたい」と新境地開拓を宣言した。

 昨年敗者復活戦で爪痕を残した、シモ話芸の紺野は「今年は絶対に優勝して、上品・下品の両刀使いになりたい」と意気込む。PR大使のレイザーラモンRGは、細川たかしネタの“こぶしたかし”で出場を予定しているそうで、「優勝賞金500万円で、細川さんが乗っている車と同じ車種を買いたい」と優勝を目指している。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP