乃木坂46・西野七瀬が「電影少女」でドラマ初主演! 原作に合わせ髪をバッサリと切り落としてショートカットで挑む!!

ニュース
LINEで送る

キーワード

 テレビ東京系で2018年1月クールに放送される、土曜ドラマ24「電影少女‐VIDEO GIRL AI 2018‐」の主役であるビデオガール・天野アイを乃木坂46の西野七瀬が演じ、野村周平とダブル主演を務めることが分かった。

 漫画家・桂正和氏の代表作として週刊少年ジャンプに連載され、累計発行部数は1400万部を超えるSF恋愛漫画「電影少女」を原作とする同ドラマは、原作の続編的な内容となっている。クラスメートの美少女に思いを寄せるさえない男子高校生・弄内翔(野村)が、家の納戸でテープの入った古いビデオデッキを見つけ、再生された映像の中から謎の少女が飛び出してくるというストーリーだ。

 ビデオテープの中から現実世界に飛び出してくるビデオガール・天野アイを演じる西野は、原作に合わせて髪を20cmも切り、気合十分で役作りに挑む。「元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂を卒業したら切ろうかなって感じで。乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし、制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと思っていたんですけど、よい機会でした。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで首が出てるのは初めてなので、スースーするからみんなに『風邪ひかないでね』って言われました」と笑顔で語った。

 世代的に原作を知らなかったという西野は、「初めは知らなかったですけど、読んでみたら面白かったです。でも、女の子がかわい過ぎて読むのが止まっちゃう。画(え)の破壊力がすご過ぎて、もう1回戻ったりしちゃってじーって見ちゃうんですよ。『電影少女』をドラマでやるんですよって言うと、周りで知っている人が多くて、『何役?』ってすごく食いつかれます。ジャンプの黄金期の作品ですし、知ってる人が多いみたいです。それがすごいプレッシャーになっています(笑)」と周囲の反応に少し戸惑った様子。

 最後に、「乃木坂46を離れて独りでドラマに出るのは久しぶりです。今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違うので少し不安です。まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、1人だけ1990年代のままの女の子って設定だったりします。大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうとおっしゃってくださっています。一生懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。頑張ります」と、不安をのぞかせながらも、意気込みを述べた。

 なお、同作はテレビ東京での放送1週間前からAmazonプライム・ビデオで先行配信される予定。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP