広瀬すず、坂元裕二脚本最新作「anone」主演に決定!! 伝説のドラマ「Mother」「Woman」のスタッフが再集結!

ニュース
LINEで送る

キーワード

 広瀬すずが、日本テレビ系で2018年1月期放送の連続ドラマ「anone」(仮題。水曜午後10:00、開始日未定)に主演することが分かった。同作は、脚本家・坂元裕二氏が手掛けるオリジナルストーリー。

 小学校の教師が教え子を誘拐する衝撃的な始まりから“母性”というテーマ描き切り、数々の賞を受賞した伝説のドラマ「Mother」。子育てに悩みながら貧困と戦い、生きるシングルマザーの姿を鮮烈に描いた「Woman」。今なお熱い支持を得ているドラマ2作品に続く、同局の坂元氏オリジナル脚本3作目を、両ドラマスタッフが再集結して制作する「anone」。前2作に出演し、坂元氏のドラマには欠かせない存在となった田中裕子は今回も出演となったが、10代最後となる広瀬との化学反応は、大きな見どころの一つとなること間違いなしだ。

 物語は家族を失い、社会からもはぐれて生きる方法を失った少女と、老齢の女の出会いから始まる。人を信じる心をなくした2人はやがて何かを感じ合うようになり、女は少女をかくまい暮らすことに。しかし、そんな偽物の家族と偽物の人生の中である事件が発生する。

 坂元ドラマに初の出演となった広瀬は、「『Mother』や『Woman』がもともと大好きだったので、今回このドラマのお話しを聞いた瞬間にすごくうれしくて、今は楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです。坂元裕二さんの生み出す脚本、水田伸生監督が作り出す世界、絶対にすごいドラマになるんじゃないかと思います。私も全力でついていこうと思います! ぜひ楽しみにしていてください」と意気込みを語った。

 また、広瀬と共演する田中は、「『Mother』と『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。お二人のエネルギーに“めまい”するような作品になると思います。ついていきたいです」と、これまでのドラマの出演経験を生かした演義が楽しみなコメントを寄せている。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP