武藤敬司と武田幸三がガチンコ対決!? 訳ありレスラーと料理人の肉体がぶつかり合う「プリズンホテル」

ニュース
LINEで送る

キーワード

 プロレスラーの武藤敬司が、12月2日放送のBSジャパンの連続ドラマ「浅田次郎 プリズンホテル」(土曜午後9:00)の第8話にゲスト出演し、元キックボクシング王者でレギュラーキャストの武田幸三とリング上で対決する。同ドラマは、作家・浅田次郎氏による同名小説が原作。“どんな訳ありでも来るもの拒まず”の極道が経営する“プリズンホテル”を舞台に、カタギの支配人・花沢(田中直樹)と不器用だが人間味あふれる訳あり従業員や宿泊客との触れ合いを描くコメディー。

 武藤が演じるのは、悪役プロレスラー・武藤剛士。かつて自分に致命的な傷を負わせた“ファイヤーマスク”ともう一度プロレスの試合をするべく、ようやく居場所を突き止める。そのファイヤーマスクこそが、プリズンホテルで板長を務める梶(武田)だった。武藤は梶をリングに立たせようとするが、梶はかたくなに拒否。悪役レスラーとして鳴らした武藤は、大手ホテルから引き抜かれようとしているシェフの服部(永岡佑)を梶がかばっていると知り、服部をわなに梶を誘い出し、リングで決着をつけようとする。

 武藤は「俺は膝も悪いし、ついていけないんじゃないかと思った。だけどプロデューサーと監督が脚本を俺に合わせてもってきてくれたんだ。そこまでされたら出ざるを得ないと思って出演することにした」と快諾の経緯を明かし、「足もボロボロだし、足だけじゃなくて首も関節という関節もボロボロだけど、これしかないんだよ、俺は。プロレスしか」と役柄に共感を寄せた。

 キックボクシング王者で、現在は役者の道を歩んでいる武田は、「まさかプロレスラーになれるとは。しかも相手はスーパースター武藤さんですからね。でも18 年格闘技をやってきて、リングを見るだけでもドキドキしますし、ましてや上がった瞬間にはスイッチが入りますね。自分の中でピッとスイッチが入って、キリッとなりました」と対決を喜んでいる。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP