篠原涼子主演「民衆の敵」。高橋一生は「二面性どころか何面もある人物」、前田敦子は「アイドルっぽい女の子」

ニュース
キーワード

 10月23日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜午後9:00)の制作会見に、主演の篠原涼子、共演の高橋一生、前田敦子、斎藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が出席した。

 市議会議員に立候補する・佐藤智子役で月9初主演の篠原は、「政治という今の時期の企画で、お話を頂いた時はプレッシャーがありましたが、フジテレビさんの意気込みに対して熱いエネルギーを感じてしまい、やらせていただきたいと思いました」と快諾したことを明かし、「皆さんの熱意も感じ、自信を持ってやらせていただきました。政治を扱いながらも、爽快ですっきりするドラマになっています」とアピールした。

 ライバルである藤堂誠を演じる高橋は、「二面性どころか何面もある人物。陰のある人物ですが、演じる際にはあえてそれを意識せずにやっています。脚本が面白く作り込まれているので、脚本に沿ってみんなで作り上げています」と報告し、「“市政エンターテインメント”と銘打っているけれど、その通りで、皆さんに楽しく見てもらえるはず」と自信をのぞかせた。一方、元グラビアアイドルという経歴の、同じく智子のライバル・小出未亜を演じる前田は、「今どきの女の子で、自分がAKB48でアイドルをやっている時よりも、アイドルっぽい女の子。自分も違う路線の売り方をされていたら、こういうアイドルもやってみたかったと思う。(当時も)かわいい感じが出せれたら良かった」と振り返って反省していた。

 農家の長男で、周りの農家に担ぎ上げられ、市議会議員選挙に出馬する園田龍太郎という役どころを演じる、月9初出演の斎藤は、「将来はキムタク(木村拓哉)になるという思いでこの業界の門をたたいたので、今回で追いついたかなと思います」と意気軒高も、「過去に出演したドラマの放送を見た瞬間、自分のあまりのひどさにゲロを吐いたことがあるので、今回はどうなることかその点もチェックして」と喜びと不安半々の心中を吐露した。

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP