玉木宏が語る! 骨太の社会派ドラマ「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」

ニュース
LINEで送る

 テレビ東京系で、10月4日(午後9:00)に放送されるドラマ特別企画「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」は、昨年10月に放送され好評を博した社会派ドラマ「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の続編となる。今回のテーマは、「正義と正義のぶつかり合い」。日本が今抱えている、介護・高齢化問題を題材に、「正義とは?」「国益とは?」「希望とは何か?」を壮大なスケールで描く。原作は、日本が抱える問題に挑む気鋭の作家・真山仁氏の小説「標的」。主演は前作同様、玉木宏が東京地検特捜検事・冨永真一を演じる。そして、その冨永が受託収賄容疑で追い詰めるのは、日本初の女性総理候補・越村みやび(名取裕子)。さらに、冨永と共にみやびを追い詰める新聞記者・神林裕太(勝地涼)。それぞれが信じる三つどもえの「正義」が、ぶつかり合う。

 このほど取材に応じた主演の玉木宏は、共演者について、「名取裕子さんは『初めまして』だったので、実際にどういう方か、お会いするまで分からなかったのですが、すごくお話し好きで、現場にフルーツですとかいろいろと差し入れをくださったり、たくさん優しくしていただいた感じがしますね。それは僕だけではなくて、スタッフのみんなにもそうでしたし、監督にもそうでした。いろんな現場を経験してこられた方なので、もちろん検事という役も以前やられたりして、『私は今回、違う立場なのね』と、おっしゃられたりとか、非常に頼りがいのある先輩でしたね。ご主人役を演じられた岩城滉一さんも、『初めまして』だったのですが、すごく男っぽい方で、車だったりバイクだったり乗り物の話というのをたくさん聞かせてもらいました。心の余裕がある男というか、魅力的な方です」と語った。

 本作の見どころとなる、名取が演じる疑惑の政治家と対峙(たいじ)するシーンについて、「もちろん決定的な証拠はそろってはいるけれど、最終的には自白をさせたいという思いなので、どこか証拠は突きつけつつも、ご本人の心に寄り添うような取り調べということを心のどこかにずっと置きながらやっていた記憶はありますね。監督は、この作品をどう撮影するかということをすごく楽しんでいる方で、前作に比べるとすごく真っすぐなストーリーになっているなと台本では感じたんですけど。それをいかに面白く人間ドラマにするかということを、カット割りなどで工夫して、どう見せるかということにすごくこだわられていたので、『対峙して対決』というよりも、取調室の中でも動きがあるようなものに仕上がっていますね」と振り返った。

 「シンプルに言えば、非常に真っすぐな男で、悪く言えば、ちょっと頑固なところもあるというか(笑)。あまりブレないし弱音も吐かない。ただ、自分が信じた正義というか、法の下かもしれないが、ちゃんとそれを確固たる証拠を求めて突き進んでいく姿というのは、演じながら、同世代として『頼もしいな』という印象を持ちました」と明かす、冨永という役柄について、続編となる今回は、「前回やった時に、翌年の同じ時期に続編が作られるとは思っていなかったので、もうすっかり忘れていたんですけど(笑)。ただ、前作を見返すということもなく、引き続き継続して出てくださっているキャストの方がいらっしゃいますので、そういう方たちと会って現場で会話をすれば、きっとそういう空気を取り戻せるんじゃないかという思いもありましたし、対峙する相手も変わりますし、もちろん起こっていることも変わるので。そして、僕らも成長しているということなので、意図的に前作を引き継ぐことはないのかなと思っていましたね。『新しいもので、かつ成長した姿でも見せられるように』ということは心掛けていました」と自然体で挑んだ様子。

 気心の知れたスタッフとの撮影は、「カメラマンにしてもスタッフの方は映画でもご一緒した方だったので、割と映画に近いようなスタンスで撮影は進んでいった感じですかね。台本のト書きにも書かれていないところで雨を降らせてみたりとか、静かな対決の中に、よりスパイスとして何か加えてくれるようなのを監督が提案して、それに従ってより良いものを作ろうとするスタッフが集まっているという感じだったので、非常に映画の撮影現場に近いような。もちろん短い期間で撮った単発ドラマではあるのですが、有意義な時間だったと思います」と述べ、「前回は共演者の方と食事に行くということはなかったんですけど、前回と同じく群馬県の前橋に行くことがあったので、その界隈で羽田美智子さんと萩原聖人さんと食事に行ったり。また、そこからの帰り道に萩原さんと一緒にご飯を食べに行ったりとか。また別の日には、監督と萩原さんと僕でご飯を食べに行ったりとか、そういう時間が持てたのが、すごく楽しかったですね」と共演者とのエピソードにも触れた。

 そして、最後に作品の見どころについては、「僕が演じる検事。そして名取さんが演じた政治家の越村みやびですね。あとは、勝地くんが演じた記者。きっとそれぞれが、それぞれの思いで正義というものを持ってその場にいるとは思うんですけど、そのぶつかり合いですね。『何が正義なんだろう?』という。自分としては正当化して生きていると思うんですけど。実際それが法に触れれば違うのかもしれないし、その対決が見どころだと思いますね。それぞれの立場でどう立ち向かっていくのかという。僕が演じた役としては、前作から時間がたってどれぐらい成長したのか、りんとしたたたずまいでそこに立って、そのことに対峙しているか、という姿を見ていただければと思います。父親とのシーンは、今回、少ししかなかったのですが、唯一、僕が演じる冨永がホッとできる時間だと思うし、つい本音をポロッとこぼしてしまったりする中で、父親から格言のように言葉を言われてという。原作者の真山さんからも、原作とは違う結末ではあるんですけど、『この結末を迎えるためには、冨永の人間力を見せてもらわないと、そこにはたどり着かないと思うので』とおっしゃられていて、それにもきっと通じる言葉だったのかなと感じてはいました。だから、結局、『法がこうだから、これが正しい』ということじゃなくて、どこか心に寄り添うような居ずまいにしなければ、相手の心も開くことができないというところだと思って、強いプレッシャーだけの言葉ではなくて、それは、せりふをどう言い回すか、どこか優しい気持ちにならなくてはいけないなと思ってやっていましたね」と、実直で正義を貫く役柄そのままのイメージで語り、取材を締めくくった。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP