中川大志が「科捜研の女」初回に登場! クールな鑑定人と科捜研メンバーが対立?

ニュース
LINEで送る

キーワード

 第17シーズンを迎えるテレビ朝日系連続ドラマ「科捜研の女」(木曜午後8:00)が10月19日からスタート。最新の科学捜査テクニックと重厚な人間ドラマが魅力の本作に、今回も新たなキャラクターとして、中川大志が演じる民間の科学鑑定所の研究員・江藤壱(はじめ)が登場する。

 江藤の鑑定人としての能力は、榊マリコ(沢口靖子)をはじめとする科捜研のメンバーも一目置くほど。何者をも恐れぬ若さ故か、ドライで合理的な考え方の持ち主で、真実を発見するためには徹夜も辞さない職人かたぎな科捜研のメンバーとの間に緊張感が漂う場面も。江藤を演じる中川は、生まれた頃に始まったこの「科捜研の女」に出演することに関して、「歴史ある作品に参加させていただくというのはすごくうれしかったです。現場はキャスト、スタッフの皆さんの間にチームワークが出来上がっているので、そこへ入っていく緊張感はありましたが、その一方で楽しみながら演じました」と、いささか緊張しながらのスタートだったようだ。「沢口さんをはじめ、キャストの皆さんは、待ち時間など和気あいあいとお話しされている。難しいせりふに慣れない僕は、そんな余裕がないんです。一人ブツブツせりふを口にして緊張しながら現場にいます(笑)」と、途中参加の苦労を語った。

 また、役柄については、「江藤は民間の科学捜査研究所の人間ですが、もともとは警察の科捜研志望。今回、自分が入りたかった科捜研の皆さんと一緒に仕事をすることになりますが、新入りの江藤には負けたくないという意地もあると思います。それだけに年齢が近い呂太くん(渡部秀)とは対立したりもします。頭は切れますが、少し不器用な人間かなと思います」と、背景を探りながらの役作りに挑んでいる。

 そんな中川の姿を見た沢口は、「中川さんの年齢(19歳)をうかがって驚きました。私が19歳の時といえばデビューしてまだ2年目。NHK連続テレビ小説『澪つくし』の収録をしていた頃です。右も左も分からず無我夢中だったのですが、大志くんはお芝居もとても堂々としていて感心しています。とてもカッコ良くて、アニメのヒーローに出てきそうな魅力的な方です(笑)」と、頼もしく見えているようだ。また、役柄である江藤については、「合理的でスマートに鑑定を進める、科捜研にとっては新しい風です。そんな江藤さんと、職人かたぎでじっくりと結果を出していく科捜研メンバーが対立しながらも事件を解明していく、というドラマにご期待いただきたいですね」と自信をのぞかせた。

 なお、10月19日のレギュラー放送開始にさきがけて、10月15日(午後9:00)には2時間スペシャルの放送も決定。京都府警捜査一課の土門薫(内藤剛志)の妹である美貴(加藤貴子)が、第10シーズン以来、久しぶりの登場となる。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP