「何をしゃべってもネタバレになる」…船越英一郎の言葉に、上川隆也も「一言一言、薄氷を踏む思いです」と同調

ニュース
LINEで送る

キーワード

 テレビ東京系で9月27日に放送される、ドラマ特別企画「テミスの剣」(午後9:00)の記者会見が同局で行われ、主演の上川隆也をはじめ、船越英一郎、伊東四朗、原作の中山七里氏が出席した。ドラマの内容に関する司会者の質問に、「何をしゃべってもネタバレになってしまう」という船越の言葉に、上川も「一言一言、薄氷を踏む思いです」と同調して会場を沸かせた。

 同作は中山氏の同名小説をドラマ化。“どんでん返しの帝王”といわれる中山氏がエンターテインメント性を追求しながらも、事件の関係者の生きざまを描いていくヒューマンサスペンスとなっている。上川は、正義を貫き、組織の闇を暴こうとする刑事・渡瀬を演じる。なお、同作で上川は20代から50代までの渡瀬を演じ分けている。

 最初に台本を読んだ時の感想を聞かれた上川は、「読んでいる時は楽しかったです。ただ、これを演じるんだと気持ちを切り替えた時、一気に重みと責任感がのし掛かってきました」と振り返る。また、タイトルにもあるテミス像について、「あの像は7メートルもあるんです。日本中、どこを探してもあれだけのものはないそうです。テミスという存在と巨大感が、この物語にどのような影を落とすのか、ぜひご覧ください」とコメントした。

 一方、上川扮(ふん)する渡瀬とは旧知の仲の、東京地方検察庁の検事・恩田嗣彦を演じる船越は、「面白い作品になっています。全く先の読めない展開、現代の司法制度にも鋭いメスを入れる社会性もあり、しっかりとし人間ドラマもあるサスペンスの教科書のような作品です」と“2時間サスペンスの帝王”らしく、ドラマを分析しながら、作品をアピール。また、渡瀬が担当した不動産店夫婦殺害事件の容疑者・楠木明大の父、楠木辰也を演じた伊東も、「台本を頂いて読んでいくうちに、次のページをめくるのがもどかしくなる面白さ。見ている人も快感を感じるような展開だろうな」と船越同様、作品の面白さを語った。キャスト全員が原作と脚本をベタ褒めする中、中山氏が「じゃあ、このへんで原作者としてのシビアな意見を」と襟元を正し、「えー、全編見どころです」と述べて、笑わせた。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP