永山絢斗、陣内孝則、草刈正雄が「ドクターX」に初参戦! 大門未知子は強力な新キャラたちにどう立ち向かう!?

ニュース
LINEで送る

 テレビ朝日系で10月12日からスタートする連続テレビドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00、初回は15分拡大スペシャル)に、永山絢斗、陣内孝則、草刈正雄が出演することが決定した。

 同ドラマは、米倉涼子演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子が、金と欲にまみれた院内政治がはびこる医療界でさまざまな困難と直面しながらも、その圧倒的な腕で患者を救っていく人気ドラマシリーズの最新作。永山は余計な摩擦を嫌う“ゆとり世代”の新米医師・西山直之、陣内は東帝大学病院の3人目の外科副部長・猪又孝、草刈は日本の医療界のトップに君臨する日本医師倶楽部の会長・内神田景信をそれぞれ演じていく。

 新メンバーの3人に対し、米倉は「永山くんとは初共演なので、これからお話をするのが楽しみですし、どんな“ゆとり世代の医師”を演じてくださるのか…とワクワクしています。陣内さんは相変わらずひょうきんな方! 院長室でのシーンが一段と面白くなりそうで、楽しみです。草刈さんとも久々の共演ですが、あまりご一緒したことのないダンディーな方なので、ドキドキしちゃいます(笑)。今のところ一緒のシーンはほとんどないのですが、ゆくゆくは正面から対峙(たいじ)したいですね。内神田は真意の読めない怪人物ですから、あえて何も考えず、全力でぶつかっていきたいです」とこれからの共演に喜びの声を上げた。

 本作で初めて現代の医者役を演じる永山は、「医者役は以前、時代劇でやったことはあるのですが、薬箱を持ち歩いたり、調合をしたりするような役だったので、今回のように現代劇での外科医役は初めて。実は『白い巨塔』のオープニング映像で内臓を見た時、『僕には医者役は無理かもしれない』と思っていたんです。今回はS席で内臓も見ることになるでしょうし、そこに関してはちょっと心配ですね(笑)。でも、それ以上に期待感の方が大きいです。クランクイン前に、本物のお医者さんから器具の持ち方や糸の結び方を教わったんですけど、それを撮影で実践していくのがとても楽しみです」と、医療ドラマならではの撮影シーンに不安を抱きつつも、それを上回る期待感を見せる。

 遠藤憲一、段田安則という濃いメンバーと共に外科副部長トリオを組むこととなる陣内は、「猪又のような“悪役”は、俳優としては楽しい役回り。台本通りにやるべきか、アドリブをどんどん乗せるべきか、いろいろ考えながら初シーンに臨みました。そうしたら、西田敏行さんがやりたい放題で!(笑)。『ここまでやっていいんだ!』と思わず戸惑い、残尿感が残ったまま終わってしまったんです。最近ではコメディー作品への出演が少なく、すっかり“社会派の俳優”になってしまった僕ですが(笑)、今後は芸達者な皆さんと息を合わせ、残尿感の残らない演技をしたいです!」と、これからの演技にさらなる気合を込めた様子。

 医療界のドンという、シリーズを通しても1、2を争う怪人物を演じる草刈は、「内神田を演じるにあたっては、力を抜いていきたいなと考えています。淡々とした普通のおじさんなんだけど、たまに目が一瞬変わる…というように、変化をチラッと出していきたいなと。大門先生と明らかに敵対しているという雰囲気にはしないよう、気を付けようと思っています。ちなみに、大門先生には『私、失敗しないので』『いたしません』という決めぜりふがありますが、僕自身が普段よく口にする言葉は『おのおの抜かりなく』、そして『大博打(ばくち)の始まりじゃ』(笑)。周りが喜んでくれるだろうなと思って、(NHK大河ドラマ『真田丸』で演じた)真田昌幸のせりふがついつい出てきちゃうんです(笑)。内神田には今のところ決めぜりふはありませんが、ひょっとしたら途中で脚本家さんが考えてくださるかもしれないので、楽しみにしています」と、大ベテランらしいリラックスしたコメントを残した。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP