「過保護のカホコ」高畑充希に「奥様は、取り扱い注意」綾瀬はるかが花束を! 日テレ水曜ドラマのヒロインがバトンタッチ

ニュース
LINEで送る

 9月13日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ「過保護のカホコ」(水曜午後10:00)がクランクアップを迎え、ヒロインのバトンタッチセレモニーが撮影スタジオで開催された。主演の高畑充希に対し、10月4日に同枠でスタートする「奥様は、取り扱い注意」で主演を務める綾瀬はるかから、花束とねぎらいの言葉が送られた。

 同じ事務所に所属はしているものの、これまで共演経験はなく、局などですれ違ったことがあるぐらいという間柄の2人。先輩の綾瀬から花束を受け取ると、高畑は「いつもテレビで拝見している方なので、とても緊張しました。慣れ親しんだ『過保護のカホコ』のセットに入るといつもはリラックスするのですが、今日は変な感じです」と笑みを浮かべると、綾瀬は「きちんとお話したのは初めてですが、とてもきゃしゃなのに目力がすごい。何かを持っている方ですね」と返した。

 記者からそれぞれ主演するドラマに対する感想を聞かれると、高畑は「オリジナル作品なので、毎回台本を頂くのが楽しみでした。カホコはかなり変わった人物なので、最初はどうしようかと思ったのですが、演じていくうちにどんどん好きになりました。街で歩いていても『カホコ!』となぜか呼び捨てで呼ばれることもあり(笑)、皆さんに愛されるキャラクターになれたと思います」と充実した撮影を振り返った。

 これから本格的な撮影が続いていく綾瀬は、「初めての主婦役で、すごく正義感が強いキャラクターです。私も許せないと思ったら『言わなきゃ!』となるので、似ているところがあると思います。今回はアクション要素も盛り込まれていて、見たことのないエンターテインメント作品になると思います。私も楽しみです」と期待をのぞかせた。

 「奥様は、取り扱い注意」は、誰もがうらやむセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)が、持ち前の強過ぎる正義感のもと、さまざまなトラブル解決に挑んでいく姿を描く、笑いありアクションありのエンタメドラマ。綾瀬の夫役として西島秀俊が、主婦友として広末涼子、本田翼がそれぞれ出演する。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP