石原さとみが「逃げ恥」野木亜紀子のオリジナル脚本「アンナチュラル」で主演! 井浦新、窪田正孝らが共演

ニュース
LINEで送る

 TBS系では、石原さとみが法医解剖医役で主人公を演じる連続ドラマ「アンナチュラル」を2018年1月期(金曜午後10:00、開始日未定)に放送することが分かった。解剖医の三澄ミコト(石原)が、不自然な死の裏側にある事件や謎を解明しようとする法医学ミステリーで、同系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などを手掛けた脚本家の野木亜紀子氏によるオリジナルストーリー。

 同局の連ドラ初主演となる石原は、「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのが、とてもうれしいです。1話の中で何度も展開がありますし、会話劇でもあるので現場の空気感を大切にしていきたいと思います」と意気込んでいる。

 ドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働くミコトたちが、死因を解明して偽装殺人や医療ミスなどを暴くストーリー。ミステリーと共に、特殊な世界に身を置きながら、私生活では普通の人と変わらない日常を送るミコトたちラボのメンバーの姿も描き出す。ミコトの同僚の法医解剖医・中堂系役を井浦新、三澄班のアルバイト記録員・久部六郎役を窪田正孝、三澄班の臨床検査技師・東海林夕子役を市川実日子、ラボの所長・神倉保夫役を松重豊が演じる。

 石原は豪華共演陣について、「UDIラボのメンバーでは、窪田さんが初対面。スタッフさんとのやりとりを聞いていると、明るく真剣で安心感を与えてくれる方だなと思いました。実日子さんをはじめ、新さん、松重さんという信頼できる先輩方と、しっかりせりふを届けられたらと思います」と笑顔を見せ、「毎日、淡々と働くって、とても尊いことだと思いました。当たり前は人によって違うけど、UDIラボの大半を占めている当たり前を、穏やかに演じられたら」とドラマでは“日常”も見どころになるとアピールしている。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP