大地真央が東帝大学病院新女院長に就任! 「ドクターX」史上初のクリーンな敵として大門未知子の前に立ちはだかる!

ニュース
LINEで送る

 10月からスタートするテレビ朝日系の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00、開始日未定)。第5シリーズとなる今回は、前シリーズで失脚した東帝大学病院長・蛭間重勝(西田敏行)に代わり、“患者ファースト”を掲げる新院長が就任。その院長・志村まどか役を、大地真央が演じる。

 大地が演じる志村は、東帝大学を首席で卒業したエリートで、コネや人脈にも頼らず自身の腕一本でのし上がってきた実力派。蛭間らが推し進めていた“医局ファースト”から“患者ファースト”へと病院を刷新しようと動いていく。その理念は大門未知子(米倉涼子)にも通じるところはあるものの、それゆえに、さまざまな局面で対立していくこととなる。

 志村と大門の出会いのシーンを撮影した米倉は、「大地さんは、毅然(きぜん)とした態度で病院改革に取り組む志村院長にピッタリだと思います。声に貫録があって、さすがは宝塚の男役トップスターだった方だなと圧倒されました。また、強い意志を感じる瞳も印象的! 目力の強い未知子としては負けられないな、と思いました(笑)」と、闘志をみなぎらせた様子。

 大地は本作への出演にあたり、「このような人気の高いドラマに出演できること、そして大役を頂けたことを、とてもうれしく思うと同時に、責任を感じています。私が演じるまどかは、自分の力だけで初の女性院長にまで上り詰めたエリート。米倉涼子さん演じる未知子さんと少し似たところがある半面、フリーランスの彼女に対して時に高飛車であったりもします。そのあたりのニュアンスが物語の良いエッセンスになるよう、また、まどかの存在によって未知子さんがより引き立つよう、“めりはりの効いた立ち回り”を心掛けています」とコメント。

 また、今回が初共演となる米倉に対しては、「米倉さんと私は偶然にも、同じボイストレーナーの先生に師事していまして、米倉さん主演のミュージカル『シカゴ』も拝見したんです。ちゃんとお話するのは『ドクターX』の現場が初めてですが、米倉さんはとても気さくな方! 現場ではお歌や、米倉さんが『やってみたい』というタップダンスのお話などをさせていただき、撮影初日にして早くも『今度飲みに行きましょう』という約束もしました(笑)」とすっかり意気投合したようだ。

 さらに、「実は、撮影初日から米倉さんのオペシーンも拝見したのですが、とにかくスゴくて! 背筋をピンと伸ばし、テキパキと処置する姿が、本物のお医者さまのようでした。私も近々オペのシーンがあるのですが、何を隠そう、オペのお芝居は初挑戦なんです。でも、臆する気持ちは一切なく、むしろ今から興味深くて楽しみです。知り合いの心臓外科の先生にもお話を伺いつつ、撮影現場で手つきなどを習得できれば、と思っています。とにかく今は、この大役をやり遂げるぞ!と燃えています」と語る初のオペシーンにも注目したい。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP