竹野内豊「話し方や声にコンプレックスがあった」。「この声をきみに」で朗読で人生を変えようとする偏屈な数学科准教授に

ニュース
LINEで送る

 NHK総合で9月8日にスタートする連続ドラマ「この声をきみに」(金曜午後10:00)の試写会が行われ、主演の竹野内豊、共演の麻生久美子が出席した。人生を変えるために朗読教室を訪れる偏屈な大学の数学科の准教授・穂波孝役を演じた竹野内は、「自分の話し方や声にコンプレックスがあったのですが、麻生さんに『いい声ですね』と褒めてもらったので、自信を持ってもいいのかなと思いました」と自身にも気持ちの変化があったことを明かした。

 同ドラマは、話すことが苦手で学生からの人気もなく、愛想をつかした妻の奈緒(ミムラ)と子どもに家を出ていかれてしまった孝が、町はずれにある小さな朗読教室を訪れ、ミステリアスな女性講師・江崎京子(麻生)と個性的なクラスメートと共に、新たな自分を見つけようとするストーリー。脚本は、連続テレビ小説「あさが来た」などで知られる大森美香氏が手掛ける。

 二枚目役が多い竹野内だが、今作で演じるのは話下手で数学に没頭して家族を顧みない偏屈な男。「誰でも大なり小なりあると思いますが、自分も心にぽっかり穴が空いているところがある。46年も生きているのでいろいろあります。でも、孝との共通点はそのくらい」と告白し、「演じていて、とにかく歯がゆくて情けなくてみじめで、見ている途中から、逆に『お前、頑張れ』って応援したくなりました」と苦笑い。

 それでも、「朗読が物語の根幹にあって、パソコンやスマホがあれば自分の思いや気持ちを誰にでも伝えられる時代ですが、そういう時代だからこそ、今作は本当に挑戦的だなと思いました」と作品の意義を語り、「全編を通して、SNSやメールでは伝えられない人のぬくもりを視聴者の方々に伝えられたらいいなと思っています」と見どころをアピールしていた。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

スターランキング

PAGE TOP