田中圭と段田安則が「ドクターX」第5シリーズにレギュラー出演決定! 第1シリーズ以来5年ぶり

ニュース
LINEで送る

 テレビ朝日系で10月からスタートする連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00、開始日未定)の第5シリーズに、第1シリーズに出演していた田中圭、段田安則がレギュラー出演することが決定した。本作への参戦は5年ぶり。

 田中が演じる森本光は第1シリーズに登場した新米医師。総合病院の息子としてエリートの道を歩んでいたが、米倉涼子が演じる大門未知子に憧れ、外科修業をすべく海外に留学をしていた。帰国後は地方で働いていたが、今回、ある出来事をきっかけにし、大門のいる東帝大学病院に引き抜かれ、大門と再会を果たす。5年ぶりのレギュラー出演に際し田中は、「『森本は戻らないの?』と言われ続け5年。年々重厚感を増していく作品に、段田さんと共に復活できることをうれしく思います。高揚感と緊張感を持って撮影に臨めそうです」と意気込みを見せた。

 一方、段田演じる鳥井高は、東帝大学病院の外科副部長。論文や研究を愛するが肝心の手術が下手な野心家だったが、医学研究の功績者に与えられる大きな賞を受賞してからはその野心も消失。だが、大門と再会し、自尊心を傷つけられたことで、再び表舞台へと名乗りを上げることとなる。「『ドクターX』にまた参加できるのが本当にうれしく、お話を頂いた時は思わず『御意!』と飛びつきました(笑)。米倉さんをはじめとする懐かしいメンバーとの再会はもちろん、刺激的な『ドクターX』の現場にまた立てることが、楽しみで仕方ありません」と、段田も米倉との対決に早くも興奮を隠せないようだ。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP