市原隼人、田中哲司、杉本哲太が永作博美に翻弄される!? 佐々木譲原作ドラマ「沈黙法廷」に実力派が集結

ニュース
LINEで送る

 永作博美が主演する、WOWOWプライムで9月24日スタートの「連続ドラマW 沈黙法廷」(日曜午後10:00)に市原隼人、田中哲司、杉本哲太らが出演する。同作は、直木賞作家・佐々木譲氏の同名小説をドラマ化する法廷ミステリー。連続する老人の不審死事件の容疑者として捜査線に浮上した家事代行の山本美紀(永作)を取り巻く人間模様を描く。

 美紀を信じ続ける青年・高見沢弘志を演じる市原は、「主人公の女性に恋をし、愛が芽生え、会えなくなり生まれた心の隙間に突き刺さる事実と真実が虚無感と混ざる中、相手を思い続ける弘志を演じさせていただきます。生々しい感情が映像の中で生きることを胸に、現場と向き合っていきます」とストイックに挑む姿勢だ。

 また、美紀の弁護に名乗りを上げる弁護士・矢田部完役の田中は、「弁護士役ということで、裁判シーンでは、役者のオーディションをされているみたいで、プレッシャーも感じておりますが、それもまた楽しんで演じていきたいと思います」と緊張の面持ち。

 さらに、不審死事件の真相を追及する刑事・伊室真治に扮(ふん)する杉本は、「意外にも、こういった実直な役はあまり経験がなく、人間くさい刑事をしっかりとつくっていきたいと思います。回を追うごとに深まる謎の真相が最終話で明かされる行方をお楽しみください」と話している。そのほか、大倉孝二、臼田あさ美、甲本雅裕、北村総一朗らが共演する。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP