NMB48山本彩が昭和の名歌手・園まり役に決定! 「言葉の強さや重みを感じていただけたら」とアピール

ニュース
LINEで送る

 NHK総合で9月2日にスタートする連続ドラマ「植木等とのぼせもん」(土曜午後8:15)の新たなキャストが発表され、昭和を代表する歌手の園まり役をNMB48の山本彩が演じることが決まった。劇中で園の代表曲「逢いたくて逢いたくて」を歌唱する山本は、「私よりもずっと前に生まれた曲ですが、この役を演じさせていただいたことによって、当時の歌謡の世界を感じることができました。現代とはまた違った歌詞が持つ言葉の強さや重みを皆さんにも感じていただけたら幸いです」とアピールしている。

 ドラマは、コメディアンの植木等(山本耕史)と小松政夫(志尊淳)の師弟愛を描くもので、植木の付き人兼運転手として働くことになった松崎雅臣(後の小松)が、一人前のタレントを目指し、植木と共に時代を駆け抜けていくストーリー。劇中では、昭和30年代に人気を博したバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」を再現する場面があり、伊東ゆかり役の中川翔子が「小指の想い出」、奥村チヨ役の鈴木愛理が「ごめんネ…ジロー」、ザ・ピーナッツ役で双子姉妹の鈴木みな・まりあが「ふりむかないで」を披露する。

 ドラマを制作統括する佐野元彦プロデューサーは、「見せ場のひとつは、『シャボン玉ホリデー』の再現シーンです。歌唱力に定評のある山本さん、中川さん、鈴木さんが原曲を聞き込み、先輩の歌手の方々の歌唱をリスペクトしつつ、さらに各々本人の魅力をプラスしてくださり、聴きごたえたっぷりです。また、皆さんコントにも参加してくれています」と見どころを明かす。

 伊東役の中川は、「ドラマの中では歌唱シーンがメインで、大先輩である伊東ゆかりさんの楽曲を尊敬と憧れの念を込めて、自分なりに歌わせていただきました」と役柄への思いを語っており、奥村を演じた鈴木も、「歌手としても大先輩である奥村チヨさんを演じさせていただきました。私が生まれていないころのお話だからこそ、大切に忠実に再現したいという気持ちで臨みました」と収録を振り返っている。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP