森公美子が小学生時代の“若貴兄弟“につけたあだ名とは!? 驚きのマル秘エピソードが続々と明かされる

ニュース
LINEで送る

 テレビ局近くにあるという架空のダイニングバーを舞台に、常連・岡村隆史と店主・田村亮が、来店する有名人から“ここだけ”の話を引き出すシチュエーショントークバラエティー「おかべろ」(土曜午後2:24、関西ローカル)。8月12日の放送では、グルメなミュージカル女優・森公美子が登場する。

 「大阪系はコレが好きかなと…」と、プリンをあしらったカチューシャを頭に着けてきた森は、店に入るやいなや、「ちょっと冷房の温度を下げてもらってもいいですか?」とあいさつ代わりのクレームを入れる。そして、グルメで知られる森が「人が食べている顔が好き」と持参した高級つくだ煮を食べた岡村と亮は、白いご飯が止まらなくなるそのおいしさに思わずうなる。また、稽古場には手作りのビーフストロガノフやラザーニャを持参するという森に対して、岡村は“ある軍団”に例えて強烈なツッコミを入れる。

 ほかにも、ミュージカル女優として「レ・ミゼラブル」に20年間出演し続けている森に、岡村と亮が「長期間に及ぶ舞台公演の間、どのように喉をケアしているのか」と気になる質問をすると、「とにかく喉を冷やすことが大切」と、森が楽屋に必ず用意しているというお菓子の話題に。岡村と亮を驚かせた、“美声を保つ秘訣(ひけつ)”とは!?

 また、森の実家は美空ひばりさんやジャイアント馬場さんなど、数々の著名人が宿泊する老舗旅館だったことから、実家に住んでいたころ、小学生時代の“若貴兄弟”の面倒を見ていたと驚きのエピソードが飛び出す。「まさか横綱になると思っていなかった」と当時を振り返る森は、兄弟をあるあだ名で呼んでいたと告白。「そのバチが当たった」と反省してしまうほどのあだ名が明かされる。そのほか、森が普段面倒を見ているという後輩の“大”女優4人が登場。後輩たちは森に感謝していると思いきや、森が席を外すと、まさかの不満が噴出!?

 さらに、間寛平と村上ショージのロケコーナー「秘伝ハンター! 隠し味を探し出せ!」では、大阪・梅田の老舗串カツ店へ。衣をサクサクに仕上げるための“隠し味”を探るが、「串にはこだわりがあるの?」といった寛平の予想外の質問に店主も困惑気味に。岡村が「むちゃくちゃや!」とツッコミを入れるほど、2人の暴走っぷりがさく裂する。

LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP